LCCの「ビジネスクラス6万円」は使えるか

ベッドで寝そべって移動するなら高くない?

LCCの「ビジネスクラス」のコスパは、なかなか?(筆者撮影)

FP(ファイナンシャルプランナー)の風呂内亜矢です。私は貯金を80万円しか持たずに、無謀にもマンションを衝動買いした過去を持っており、もともとは「おカネオンチ」でした。

おカネオンチを脱却すべくFPの最上位資格であるCFPを取得し、その後も日々生活の中で実験を繰り返し、「これは使える」と思った「マネー情報」を発信しています。早速、今回は海外旅行で最近体験した、「あえてLCC(格安航空会社)でビジネスクラスレベルのシートに乗る」という選択がお得かどうかについて、お話ししたいと思います。

成田―バリのビジネス片道3.6万円!就航セールは超お得

少し前の話になりますが、今年の5月、LCCのエアアジアXの成田―バリ直行便が就航し、特別キャンペーンを実施していました。利用すれば、成田空港からインドネシアのバリへ、「片道最安9900円から」で移動できるという内容です。

早速体験してみようと予約画面に進むと、「プレミアムフルフラットシート約3.6万円」という記載を発見。プレミアムフルフラットとは、ほぼ横になって移動できるシート。単純には比較できませんが、通常の航空会社(以降、レガシーキャリア)でいえば、ビジネスクラスに相当する座席のようでした。

「ものは試し」ということで、片道だけプレミアムフルフラットシートを選択し、帰りは静かなエリアの最前列シート(クワイエットゾーンのホットシート指定)になるオプション料金を支払って予約しました。クレジットカードの手数料や空港使用料などの諸費用を合わせ、往復料金は約5万5000円でした。

エアアジアXの予約画面は正直わかりづらく、うっかりしていると意図しないオプションが付いてしまうなど、複数の注意が必要でした。予約画面が難しいという話は他のLCCでも耳にするため、格安価格を実現するためにサイトの構築費にはさほどの手間暇をかけていないのかもしれません。このことは後半でも、もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

では、実際の乗り心地はどうだったのでしょうか。私が過去に搭乗したレガシーキャリア(エミレーツ、シンガポール航空)のビジネスクラスと比較してみたいと思います。

次ページ「ビジネス」なのに画面モニターなし!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT