LCCの「ビジネスクラス6万円」は使えるか

ベッドで寝そべって移動するなら高くない?

まず搭乗手続き。成田空港に到着し、搭乗手続きをするためプレミアムフルフラットシート専用のレーンに並びました。Webでのチェックインは済ませてあるため、カウンターでは手荷物を預けてチケットを受け取るだけのはずです。

専用レーンが設けられている点は、レガシーキャリアと同様です。エコノミークラスのレーンはレガシーキャリア以上に長蛇の列でした。「プレミアムにしてよかった、すぐに手続きが終わりそう」と思いきや、ここはとても時間がかかりました。なんと、エコノミー・クラス・レーンの行列が次々に短くなっていく中、結果的に1時間近くも待ち、私たちの搭乗手続きはエコノミークラスの人を含めても最後になってしまいました。

その結果、優先搭乗の権利を持っていたにもかかわらず、あまり生かせませんでした。この点は「就航直後の便だったから」ということや「カウンターに出向いたのが1時間半前だった(エアアジアは3時間前を推奨していた)」ことも要因として考えられます。

LCCでもベッドで眠りながら移動する感覚が味わえた

モニターはないのは不満だが、座り心地はよかった(筆者撮影)

しかし、Webの予約画面や搭乗手続きでは苦労をしましたが、乗り心地はおおむね満足のいくものでした。

確かにほぼ横になることができ、さながらベッドで眠りながら移動する感覚です。貸し出しされる枕やブランケットもキルティング加工された心地よいもので、体に負担をかけず移動するという目的を十分に果たしました。

一方、レガシーキャリアのビジネスクラスとの違いを大きく感じたのは食事でした。

通常のビジネスクラスでは、複数の器に盛り付けられた華やかな食事を楽しむことができます。アルコールを含むドリンクも飲み放題です。しかし、今回の体験では、帰りの便と同じ食事になりました。私が帰りに選んだ食事が、行きに自動で付いてくるものと重複してしまったわけですが、食事のレベル感としては、エコノミークラスのオプションで追加できる食事と同程度ということになります。1つの容器に収められた一般的な機内食でした。

飲み物も、ウエルカムドリンクと食事についてくるソフトドリンクのみのため、さらに必要なら購入しなければなりません。帰りのエコノミークラスではウエルカムドリンクもありませんでした。

また、ビジネスクラスのシートなのに、通常のLCCの座席同様、モニターはありません。座席のモニターで映画を楽しんだり、現在どこを飛んでいるかを確認することもできませんでした。タブレット端末などに、映画などをあらかじめダウンロードして乗り込むと、こうした不満は少し解消できると思います。

バリ島往復では就航キャンペーンという「特別セール」を利用しました。しかし、LCCでは大幅な割引キャンペーンを頻繁に行います。「20%OFF」などは珍しくなく、よく目にします。

次ページ就航キャンペーンでなければ、どうなるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT