32歳年収600万円「貯金ゼロ」に足りないワザ

同期で同年収でも「しっかり者」は800万到達

30代の同期で年収も同じでも、「ある心掛け」で貯金額にはかなり差がつく。 「貯金ゼロ」の人は何が足りないのか(写真:EKAKI/PIXTA)

同じ会社で同じ期間働いている同期入社組。まだ差がついていないので年収も同程度。なのに、貯蓄の状況だけは「月とスッポン」ということはよくあることです。

私自身、26歳でマンションを購入したときの貯蓄額は、実家暮らしが3年目に入っていたにもかかわらず80万円でした。なのに、1人暮らしでおカネも私よりもかかるはずの同期に「え、私は400万円貯めているわ」と聞き、大きな衝撃を受けたことがあります。なので、決してひとごとではありません。

では、こうした違いは、どうして起こるのでしょうか。32歳で年収600万円もらっている男性の同期2人、AさんとBさんのケースを見ていきましょう。

おカネに対して「素直」でないと、情報は手に入らない

「32歳で年収600万円」というと、一般的には所得水準は高いほうといえるでしょう。同じ会社に勤める「32歳、年収600万円」の男性2人と、以前おカネについてお話ししたことがあるのですが、2人のスタンスはまったく対照的と感じました。

まず、Aさんは自分の収入の高さにはそこそこ自覚はあるものの、「おカネのことを細かく考えるのは面倒だ」と口にしていました。当初は、私に相談をしているわけではなかったため、私も具体的なアドバイスや情報を特に伝えることなく、時間が過ぎていきました。

一方、Bさんは私がFP(ファイナンシャルプランナー)だと知ると、自分がこだわっているおカネの使い方を話してくれたり、「銀行やクレジットカードはどこがお勧めか」などと尋ねてくれたり、マネートークに花が咲きました。その後、期せずして2人からおカネに関する相談を受けることになり、詳しく聞いてビックリしたのです。貯金額があまりに違っていたのです。

次ページ同じ32歳の同期AさんとBさんの貯金差は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。