不登校の子どもは「家の中」でもラクじゃない 母親やクラスメイトへの複雑な思い

拡大
縮小
(画像:不登校新聞)

母やクラスメイトに対して申し訳ない気持ちに

学校を休んだ日は、私が下の階、母親が上の階ですごしていることが多かったです。

当記事は不登校新聞の提供記事です

母親と言葉を交わすことが少なかったので「怒ってるのかな? いま何を考えてるんだろう」と、ようすがとても気になりました。

こちらから何か話しかけたらよかったのかもしれませんが、「もしかしたら機嫌が悪いかもしれない。怒られたらどうしよう」と思い、アクションを起こすことが出来ませんでした。

クラスからの手紙は、先生の呼びかけで書いてくれたと思うのですが、自分のために手紙を書く時間を取らせたということが少し重かったです。

「乗り気じゃないのに書いてくれた人もいるかもしれない」「書く内容に困ったかもしれない」と想像することもあって、申し訳ないような、複雑な気持ちになりました。(りゃこ)

不登校の関連記事
不登校・子どもをめぐるトピックスはなんだったのか【2018年をふり返る】
「どうか事務員が出ますように」ほんとにしんどい毎朝の学校連絡
「災難」状況の社会に希望はあるか 趙韓惠貞さんに聞く

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT