不登校の子どもは「家の中」でもラクじゃない

母親やクラスメイトへの複雑な思い

(画像:不登校新聞)

母やクラスメイトに対して申し訳ない気持ちに

学校を休んだ日は、私が下の階、母親が上の階ですごしていることが多かったです。

当記事は不登校新聞の提供記事です

母親と言葉を交わすことが少なかったので「怒ってるのかな? いま何を考えてるんだろう」と、ようすがとても気になりました。

こちらから何か話しかけたらよかったのかもしれませんが、「もしかしたら機嫌が悪いかもしれない。怒られたらどうしよう」と思い、アクションを起こすことが出来ませんでした。

クラスからの手紙は、先生の呼びかけで書いてくれたと思うのですが、自分のために手紙を書く時間を取らせたということが少し重かったです。

「乗り気じゃないのに書いてくれた人もいるかもしれない」「書く内容に困ったかもしれない」と想像することもあって、申し訳ないような、複雑な気持ちになりました。(りゃこ)

不登校の関連記事
不登校・子どもをめぐるトピックスはなんだったのか【2018年をふり返る】
「どうか事務員が出ますように」ほんとにしんどい毎朝の学校連絡
「災難」状況の社会に希望はあるか 趙韓惠貞さんに聞く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。