橋本真由美 ブックオフコーポレーション社長

橋本真由美 ブックオフコーポレーション社長

創業者の坂本孝会長に“リベート疑惑”が浮上、不適切な売上計上も発覚した。パート主婦で入社して、坂本会長の指名で社長まで登り詰めた橋本社長。この危機にどう向き合うか。(『週刊東洋経済』5月26日号より)

真相の究明が何より先決 “お茶濁し”は絶対しない

1:ブックオフの上場前に、本棚等の仕入先から坂本会長がリベートを受け取っていたなどと一部週刊誌が報じている。

 報道には本当に驚き、衝撃を受けました。株主や投資家の皆様、またお客様にも多大なご心配をおかけすることになり、申し訳なく思っています。しかし、こんなときにこそ、しっかりしなければならない。一日も早く株主やお客様の信頼を回復し、社員やスタッフのためにも、ブックオフのブランドを守っていく努力をいたします。

2:西武ライオンズ球団の「裏ガネ疑惑」で調査委員を務めた矢田次男弁護士を委員長として、調査委員会を発足させた。

 まず何よりも、真相を明らかにすることが先決です。坂本は報道内容を強く否定していますが、記事には具体的な部分もありました。上場会社としてきちんと説明すべき事柄と判断し、第三者による調査機関を設けました。矢田弁護士は「徹底的に調べる」と言っていますし、坂本も「全面的に協力する」と返答している。お茶を濁すような調査にはなりません。

3:一連の調査結果は、いつごろをメドに出るのか。

 株主総会に間に合うように6月中旬までに中間報告、7月中旬までに最終報告をいただくことになっています。事実関係の存否だけでなく、コンプライアンスや内部統制上の問題はなかったかなど、今後の再発防止策も提言していただく予定です。記事が出た後の対応は、素早くできたと思います。あとは調査結果を待って、その内容や提言に沿った形で、会社として対処していくことになります。

4:橋本社長は店の現場を重視している。社員やアルバイトにはどう説明したのか。

 社員の動揺が心配でしたので、迅速に動きました。週刊誌が発売される前日の夜、全国からエリアマネジャーや部門長など約60人を本社に集めました。記事が掲載されること、会社の対応などを説明して、それぞれの地域で「店長の顔を直接見て」、その内容を伝えるように指示しました。一昼夜のうちに、全国すべての店長に会社の考えが伝わったはずです。

 現場の揺らぎはまったくありません。ただ“ブックオフばか”と言えるほど、一途に会社を信じてきた人間が多い職場です。彼らの心のケアは、しっかりしていく必要があると思います。

5:会長への権限集中など、社内体制に問題はなかったのか。

 これまでも内部統制の強化を図ってきましたが、今回の件をいい機会にして、管理体制の総点検を行うつもりです。調査結果の内容を踏まえたうえで、何か問題が明らかになれば、適切な処置を施していきます。

(書き手:吉田正志)

はしもと・まゆみ
1949年福井県生まれ。69年一宮女子短期大学家政科卒業。90年ブックオフ直営1号店にパートとして入社。91年パート店長から正社員に。94年取締役、2003年常務、06年代表取締役社長兼COO。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT