アメリカ経済を象徴する「IT産業」の現在地

圧倒的優位性がなくなり熾烈な競争に

CPUでインテルを追うのがアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)。パソコンのCPUのほかゲーム機器向けの画像処理半導体(GPU)を手掛けており、グラフィックス機能を持つAPUの開発にも注力している。GPUで急成長を見せているのがエヌヴィディア(NVDA)、主力の高性能ゲーム用「GeForce」や「Tegra」プロセッサに加え、人工知能のサーバー向けや自動運転向けなどが収益源に成長している。

なお前述のIHS Markit社発表のランキングでは、2016年が13位、2017年が10位、そして2018年上半期は8位となっている。

同ランキング4位(米国2位)は破たんしたエルピーダメモリを買収したマイクロン・テクノロジー(MU)で、DRAMやNAND型・NOR型フラッシュメモリを主力としている。同5位(米国3位)のブロードコム(AVGO)は、半導体メーカーのアバゴ・テクノロジーズが2016年に業界で格上だった旧ブロードコムを買収し、社名を引き継いで誕生した企業で、その後もM&Aを重ね企業規模を急拡大させてきた。

2017年11月に移動体通信技術分野で世界トップのクアルコム(QCOM)買収を提案するも拒否され、加えて安全保障上の理由でトランプ米大統領から買収禁止命令が出されたこともあり、断念に追い込まれた。

中国を筆頭に新興国も台頭

アメリカのIT産業は、現在においても技術のレベルや人材などの層の厚みにおいて世界随一だ。それが証拠に、スタートアップ企業が続々誕生し、そのなかから“ユニコーン”と称される市場評価10億ドル以上へ成長する企業が出てくる。

ただこの業界はどの業界にも増して競争が激しく、半導体にせよネットワークにせよ、中国を筆頭に新興国企業の台頭が目覚ましい。かつてのようにアメリカ企業が他を引き離して先頭を走るという時代ではなくなってきているのだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT