アメリカ経済を象徴する「IT産業」の現在地

圧倒的優位性がなくなり熾烈な競争に

かつて、1960年代のメインフレーム全盛時代、そして1970年代後半から1980年代前半のパソコン黎明期まで圧倒的な覇権を握っていたのがIBM(IBM)。

しかし、マイクロソフトやアップルの台頭で業績不振に陥り、大規模なリストラを断行。ハードウエアからソフトウエア、そしてクラウドやモバイル、ソーシャル、セキュリティなどのソリューションサービスへと大きく舵を切ってきた。人工知能「IBM Watson」の幅広い分野での展開にも注力している。

ハードウエアでは、パソコンは台湾メーカーや中国メーカーにお株を奪われたものの、それ以外の分野ではまだまだ負けてはいない。ネット接続用のルーターやスイッチで圧倒的なシェアを持つのがシスコシステムズ(CSCO)。

クラウド隆盛に伴うデータセンターやセキュリティ関連など成長分野の関連製品を強化している。ジュニパー・ネットワークス(JNPR)もルーターやスイッチ、セキュリティ関連製品などを展開している。ネットワーク自動化支援ツールなどのマルチクラウド関連製品を相次いで投入すると同時に、マルチクラウド・プラットフォームに強みを持つHTBASE社を買収し、一段の強化を図っている。

ストレージ分野もクラウド関連のビジネスが急拡大している。

最大手の一角をなすウエスタンデジタル(WDC)は、2012年に日立製作所からHDD事業を買収すると、2015年にはクラウド向けストレージソフトのアンプリデータを、16年にはフラッシュメモリ最大手のサンディスクを買収するなど、積極的なM&A路線で業容を拡大してきた。

HDDでウエスタンデジタルと双璧をなすシーゲイト・テクノロジー(STX)も、2011年にサムスン電子のHDD事業を買収。2014年にクラウド関連に踏み出すと同業のドット・ヒル・システムズを買収し一段の強化を図っている。また東芝メモリ買収の日米韓連合に加わっており、東芝メモリへのNANDフラッシュメモリ長期供給契約も締結している。

調査会社IHS Markit社が発表した2018年上半期の半導体売り上げランキングによると、トップ10のうち6社がアメリカ企業で占められている。首位は韓国のサムスン電子で、2位がアメリカのインテル(INTC)だ。

インテルは1985年にメモリから撤退しマイクロプロセッサーに軸足をシフトしている。CPU(中央演算装置)では圧倒的なシェアを持ち、特に1990年代後半から2000年代前半のパソコン全盛時代には、同社のCPUと「Windows」OS搭載のパソコンの組み合わせは「ウィンテル」と呼ばれるほどの圧倒的な存在感を示していた。

最近では2015年にFPGAと呼ばれる書き換え可能な集積回路の大手アルテラ、2017年には自動運転技術のモービルアイを買収し、データセンター関連やIoT分野での攻勢を強めている。

次ページインテルを追う企業は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT