一生独身の人は「人生の負け組」なのか?

誰と付き合ってもなぜか突然フラれる男性

あなたはいつも「いきなり別れを告げられる」そうですが……(写真:Fast&Slow / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は既出の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

私はこれまで、何人もの女性と付き合ってきました。
最初はものすごく愛されますが、いつも2~3年後には決まって愛想をつかされて、突然、振られるというパターンを繰り返してきました。
それも結婚直前になって一方的に別れを告げられたり、旅行に一緒に行って、そこで関係が終わったりするのです。
人を愛するメリットよりも、その後のつらさのほうが上回り、一生独身で生きると割り切るほうが、自分に向いている気がしてきました。
交際はしても、別に結婚という古い形にとらわれる必要はないと思うのです。実際、欧米では、事実婚が増えています。
そもそも女性はなぜ、いざ結婚話が具体的になると、ヒステリーになり、電話も長くなるのでしょう? 私には理解できません。
結婚はせず、独身で通す生き方をどう思いますか?
「結婚をしないと負け組だ」という風潮は、古いと思うのですが……。
パンプキン・チルドレン(仮名)

問題は交際相手ではなく、自分にある

あなたは「女性は結婚話が具体的になると、ヒステリーになる傾向にある」と言いますが、それは絶対に間違っています。

この連載の記事一覧はこちら
 

あなたが何人の女性と、どこまで親密にお付き合いをしてきたかは知りませんが、たまたま相手の人たちが全員そうであったか、あなたが相手をヒステリーにさせる何かをもっているかの問題でしょう。

あなたの言うような「女性は結婚が具体的になるとヒステリーになる」という話は聞いたことがありません。たいてい結婚話は期待に胸を膨らませて、夢いっぱいに話が進んでいくものだからです。

次ページ「いきなり別れを告げられる」ことの意味
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT