子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた

「AI vs. 教科書が読めない」著者が考案!

問4-2の解答例
「黒玉3つと白玉2つが横一列に並んでいます。左端と右端は白玉です」
「左から白玉、黒玉、黒玉、黒玉、白玉の順に横一列に並んでいます」
「黒玉3つと白玉2つが横一列に並んでいます。白玉2つが黒玉3つを挟んでいます」

いろんな説明の仕方がありますね。一意に伝わっているのでどれも正解です。

新井紀子氏の新刊『日本を殺すのは、誰よ!』(ぐっちーさんとの共著)(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

問4は、問3の発展、応用問題です。グループを作り、他の生徒の解答が正しいかどうか、無駄な表現はないかどうかを互いにチェックし合います。

見たことを自分で正確に文章で表現するだけではなく、他者の書いた文章が正しいかどうか、無駄がないかどうかをチェックすることで、「同義文判定」や「推論」の能力を培う授業設計となっているのです。

授業5:まとめ

最後に、今日の授業のまとめです。

「実況中継するときは、相手に一意に情報が伝わるように工夫する」

モデル授業では、このあと、新井さんが板書した要点を生徒がノートに書き写す時間が設けられました。さらに、家に帰ってから、もう一度、問題1と問題2を、1人でやってみるという宿題も課されました。

「作品の鑑賞」以前に「読解力」を身につける

「教育のための科学研究所」は、すべての子供が中学校を卒業するまでに中学校の教科書を読んで、それが理解できるようにすることを目標として、RSTと「新しい形の国語の授業」の普及に努めています。新たな授業の設計も進んでいます。

新井さんは、「今の国語の授業は、作品を鑑賞することに重きが置かれていますが、そもそも読めていなければ鑑賞はできません。中学校の教科書を読めるようにすることが、日本にとって一番大切なことで、公教育が必ず成し遂げなければならないこと」と指摘しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。