年末大掃除はコレ!「オキシクリーン」放置術

家事芸人が自信をもって檄押しする

今年の大掃除はラクして手早く終わらせましょう!(写真:Taka/PIXTA)

年末も近づいて、たまった汚れや「大掃除しなきゃ」と気になる今日この頃。僕はひょんなことから“家事えもん”という愛称を頂戴していますが、実は家事は大の苦手です。でも、日々暮らしていると掃除や洗濯をしないわけにはいきません。

1分でも早く掃除を終わらせたいし、1回でも余分に汚れをこすりたくない――だって、時間が「もったいない」。油汚れと格闘するよりテレビを見たいし、靴下の泥汚れをこすり落とすよりゆっくりネタを考えたい!

そんな僕のようなズボラな人に向けて『ほったらかし掃除術』を上梓しましたが、ここではいくつかポイントをご紹介したいと思います。

今年の大掃除はコレ!

便利なグッズとして、僕がおすすめしたいのは「酸素系漂白剤」。掃除にも洗濯にも家じゅうで使える万能選手です。

酸素系漂白剤と聞くとパッと思い浮かぶのが、色柄物の衣類の洗濯に使う洗剤ではないでしょうか? でも、実は洗濯以外にも、キッチンやバスルーム、トイレ、リビングとさまざまな場面で活躍するマルチクリーナーです。

下記のように商品はたくさん出回っていますが、今回はインスタなどSNSが火付け役になり注目を集めている「オキシクリーン」を例に、酸素系漂白剤の使い方をレクチャーしていきます。

「酸素系漂白剤」の代表格

グラフィコ「オキシクリーン」1500g(1382円)※参考価格

インスタでは「#オキシ漬け」「#オキシクリーン」で約9万件もの投稿がある。(写真:グラフィコ)
次ページそのほかのいろいろな酸素系漂白剤
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。