「株が現金より運用成績悪い」異常が示す予兆

アメリカで「キャッシュ」が魅力的になっている

<上昇しているもの、過去1年間、2018年11月末現在>
●インドSENSEX……+9.2%
●ブラジルボベスパ……+24.4%
●REIT(グローバル)……+2.3%
<下落しているもの(左が年初、右が直近、単位省略、12月7日現在、筆者作成)>
●NYダウ平均……24824.01→24388.95(-1.8%)
●S&P500……2695.81→2611.08(-3.1%)
●ナスダック……7006.898→6969.25(-0.5%)
●日経平均株価……23506.33→21678.68(-7.8%)
●中国上海株……3348.325→2605.89(-22.2%)
●ハンセン指数……30515.31→26063.76(-14.6%)
●WTI先物……57.81→52.13(-9.8%)
●NY金先物……1342.3→1254.00(-6.6%)
●ビットコイン(ドルベース)……13480.01→3400.00(-74.8%)

言うまでもないことだが、指数がすべてを表しているわけではない。それぞれ個々の銘柄によっては大きなパフォーマンスを上げているものも当然ある。ファンドなども、市場が下落していても大きな利益を上げているものも数多くある。

AI(人工知能)も2018年は敗者だった?

とはいえ、市場がこれだけ大きく乱高下したことで、投資環境の変化は否定できない。2018年は、投資環境にとっては大きな転換期だったと言っていいだろう。とりわけ、アメリカの「FAANG」に代表されるハイテク企業は大きく乱高下した。

FAANGというのは、フェイスブック(FB)、アマゾン・ドット・コム(AMZN)、アップル(AAPL)、ネットフリックス(NFLX)、アルファベット(GOOGL)の5大ハイテク企業のことだが、各銘柄ともに年初来のリターンを見ると、20~40%程度下落している。これまで、株式市場を牽引してきた代表的な銘柄が大きく下げた形だ。

要するに、2018年の金融市場をざっくりと見れば、素材や通信サービス、エネルギーといったセクターを中心にアメリカの株式市場が大きく下落し、さらに金利の引き上げで債券価格も下落し、金や原油といったコモディティーも値を下げた。投資環境として目立ちはしなかったが、勝者は誰もいなかった。そんな1年だったと言っていい。

実際に、資産運用ではプロ中のプロであるヘッジファンドが、今年は大きく負け越している。とりわけ、コンピューター(AI)によるプログラム売買を得意としている「マネージド・フューチャーズ」などは、人間のファンドマネジャーが中心になって相場の投資判断を行う「グローバルマクロ」よりもひどい負け方をしている。

モルガン・スタンレー・プライムブローカレッジ・グループのリポートでは、世界の株式ヘッジファンドの年初来リターンの平均は-5.9%(10月29日現在)となっている。とりわけ、10月の株価急落後は過去7年で最悪のパフォーマンスとなっている。

次ページ日本から見た投資環境は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT