漫画!東大生が「英語はモノマネで学ぶ」理由

リスニングは「耳ではなく表情筋」を鍛える

また、表情を豊かにしてオープンなマインドで英語学習に取り組むというのは、大きな効果があります。

「英語がうまくなりたかったら外国人の彼女か友達を作れ」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょうが、まさにそのとおりで、外国人とガンガン話をしたり、英語をどんどん使うということが、英語学習においては必須です。

日本で暮らしていると、英語を使う機会はあまりありません。そんな中でも、英語を使用し続け、アウトプットしまくる。恥ずかしがらずに、間違っていてもいいから、習ったことを臆せず使うようにする。これが英語習得の最短の方法です。

最大の敵は「恥ずかしいという気持ち」だ!

しかしそのためには、「間違っていたら怖い」「なんだか恥ずかしい」という気持ちを取り払わなければなりません。そのために必要になるのが、「表情豊かに、オープンなマインドになる」ということなんです。恥ずかしいという気持ちや、間違ったら怖いという心で英語と向き合うのではなく、表情豊かに言語学習に取り組んでいく

『ドラゴン桜2』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

そんなマインドこそ、実はすごく重要なものなのです。

ちなみに、東大生に聞いてみたところ、「ああ、自分も似たようなことしていたな」と答える人がけっこう多かったです。

洋画の主人公が英語を使っているシーンをまねた経験がある人や、英語劇をやって表情の演技をしていた人、英語の漫才や外国人Youtuberのモノマネをしたことがある人など、多かれ少なかれ「表情筋を鍛える」という経験をしたことがある人ばかりでした。

「表情を動かすのって、キャラじゃない」「モノマネなんて恥ずかしい!」という方も多いかもしれませんが、これを機に、表情を豊かにして言語学習に取り組んでみてはいかがでしょうか?

(マンガ:©三田紀房/コルク)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT