日本から「ゲイツ」「ベゾス」が生まれない理由 「IT遅れ」日本の学校はシアトル流教育に学べ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

この学校の授業では、パソコンの使い方を理解したり、ネット上の情報をただ暗記したりするだけなく、そこで得た知識を日々の体験に生かすことに価値を置いていた。

たとえば、歴史の授業ではロールプレイの方法を用い、歴史の中の人物になる。その人物になることで、よりその時代に生きる人々の気持ちを理解することが可能になる。そのような体験を客観的に捉えることで、これまでより歴史を俯瞰できるようになる。

教師による生徒の評価も、ITを使って効率的に行われていた。この学校では、児童を評価する場合、「経験と勘」に頼ることなく複数の教員がチームとなる。生徒1人1人の傾向をデジタルデータを見ながら複数の目で丁寧に成長のプロセスを重視しながら分析し、個々に合わせた教育内容を検討していた。日本であれば、クラスの担任教師や、教科担任が1人で評価を行うケースもあるので、これも日本ではお目にかかれないケースで、筆者は驚いた。

さらに、この学校では、年齢を超えた複式授業で、ネットを使い、クラウド上にデジタルデータを共有して活用する授業が行われていた。ネットの翻訳機能やパワーポイントを使って、日本の良さを日本語で発表するという「おもてなし」があり、筆者は心打たれた。

歴史の授業も、筆者へのプレゼンも、「アウトプットするために学ぶ」という方法がとられ、子どもたちの学習意欲を高めていた。こうした教育を日本の学校でも行うべきだろう。

日本の教育には創意工夫の機会が足りない

国際NGO「オックスファム」によると、世界で1年間に生み出された富(保有資産の増加分)のうち82%を、世界で最も豊かな上位1%が独占しているという。この状況は歓迎できないものの、資本主義では教育を受けさえすればどのような階級にあっても能力や地位、個人の資産も向上して行くというパターンがあることも事実である。

これまでの経済の方程式が成り立たなくなってきている今、日本がまずやらなければならないことは、時代にフィットした新しい教育方法にシフトし、そこに資本を集中することである。IT産業が成長を続ける現代においては、日本の企業もITに関する教育に積極的に関与すべきである。

シアトルでの起業の活性化から日本が学び取れるもの、それは、まず教師が授業や評価においてITを駆使できる「教育イノベーター」としての能力を持つことである。また、子どもたちにクリエイティブな活動をさせることはもちろん、積極的に学校自体がファンディングも含め、創意工夫を行うことであろう。

(文中敬称略)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT