ポルシェ「電動化へ舵」の大英断ができたワケ

初のEV「タイカン」来年発売に向け準備が進む

このほどポルシェは、タイカンが製造されるシュツットガルト市内のツッフェンハウゼン工場の新ラインを公開した。この工場では、911など2ドアの車種を中心に、年間約5万2000台を製造する。その狭い敷地に横たわるような形で、タイカンのラインを建設中だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

年間2万~2万5000台を生産予定で、1200人の追加雇用も決定している。しかし、タイカンは4ドアであることから、生産や調達の効率を考慮すると、ベストな選択だったわけではない。それでもなおタイカンの生産拠点にツッフェンハウゼンを選んだ理由について、アルブレヒト・レイモンド生産・調達担当取締役は、「ポルシェの哲学的・信念的な理由からだ」と話す。

歴史ある工場に最新のノウハウを導入

この敷地内には、創業時から残るレンガ造りの建物が2棟ある。本社機能を果たすこの建物にCEOの部屋もあり、歴代の経営者はここで執務してきた。ポルシェはこの手狭な工場を、自らの歴史の原点として大切にしている。

周りは住宅街で、騒音対策などの操業条件も厳しい。それでもメーカーの原点となる場所を電動化の拠点とすることで、ポルシェの覚悟を示せる。そうして「プロダクション4.0」と銘打たれたオートメーションやIoT設備などの抜本的な刷新計画を推進することにした。

ポルシェの「タイカン」を製造する新ラインのイメージCG。車両は自動搬送装置で流れることになっている(写真:ポルシェ)

ライン工程の車両を自動走行させる世界初のシステムを導入するなど、電動車両生産に必要な最新のノウハウをいち早く取り入れることができるという。2019年の完成までに、7億 ユーロ(約910億円)の投資を計画している。かつての栄光を支えたエンジン技術を守りつつも、電動化の方針を明確にしたことはメーカーの覚悟を示すものだ。

しかし、夢や信条だけではいくらポルシェといえどもビジネスとして成り立たない。ポルシェは電動化で、どのように収益化を進めていくのか。

         (後編に続く。後編は11月18日に配信の予定です)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。