日本人向きボージョレ・ヌーヴォーはこれだ まるで「藤田ニコル」を思わすフレッシュさ

印刷
A
A

ヌーボーの赤ワインは果汁が色づいた時点で皮と種を取り出すので、タンニンによる渋みなども少なく、ブドウそのものの果実味を強く感じさせるワインです。また、イチゴキャンデーのような甘くかわいらしい香りも特徴的。搾りたてのブドウのフレッシュさを生かして造られているワインなので、そのフルーティさとフレッシュさを楽しみましょう!

では、私が注目している、2018年のボージョレ・ヌーボーをご紹介します。

(写真:日本酒類販売提供)
ワイン名:A.O.C.Beaujolais Villages Nouveau(A.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー)
生産者:Damien Coquelet(ダミアン・コクレ)
生産年:2018年
生産地:フランス・ブルゴーニュ地方
ブドウ品種:ガメイ

今年のものは、もちろんまだ手に入らないので、今回は去年飲んだ時の記録を参考にしながらコメントをしていきます。

こちら、外観は少しだけ黒みを帯びていますが、明るめのルビー色です。香りはスミレのようなチャーミングなフローラルさと、イチゴキャンデーのようなフルーティさがしっかりとしたボリュームで感じられ、非常に若々しいエネルギーを感じます。

飲むとやわらかでスムーズな口当たりながら、香りに感じられるような甘さがなく非常にドライに仕上がっています。心地のよい飲み応えを感じますが、酸やタンニンもやさしい印象なので、飲み疲れることなくクイクイと飲んでしまいます(笑)。見た目や香りとはちょっと印象が違って面白いですね。

次ページ「藤田ニコル」のようなワインの意味
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT