必要な分だけ買いたい消費者、スーパーで青果のバラ売りが拡大


 食品スーパーで野菜や果物のパック売りをやめ、バラ売りする店が増えている。東京都世田谷区などを中心に展開するオオゼキでは、今年に入ってから客の要望が相次ぎ、いったんパックに入れた商品をわざわざ取り出して販売したケースもあったという。

バラ売りは決して真新しい手法ではない。十数年前、包装材の節減を目的にチェーンストア協会で提唱されて以来、採用するスーパーが徐々に増えてはいた。

ただ、今年から急増しているバラ売りはやや趣旨が異なる。これまでは、単品になればパック売りより価格を割高に設定するのが普通だったが、今はバラで買ってもパックで買っても1個当たりの値段は同じ。「隣に並ぶパック売りと比べて、客が少しでも割高と感じると買い物かごに入れてくれない」(いなげや)。食品の値上げが相次ぎ、「必要な分しか買いたくない」という消費者の節約志向を反映しているのだ。

あるスーパーでは10月に、これまでトレー売りが主流だった旬の青果を1個ずつのバラ売りにしたところ、昨年に比べて販売数量が7%増えた。別のスーパーは「競合がバラ売りをやっているのでうちでもやらないと客が逃げてしまう」と取り入れた。もはやバラ売りは、スーパーにとって必須の販売手法になりつつあるようだ。

(鈴木良英 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。