楽天は「英語公用語化」でどう変わったのか

TOEICスコアは830点、外国人社員は20倍に

――これから10年、20年先の楽天を考えたときに、英語化、あるいは新しいテーマとして挙げているデータ化やデジタル化をもっと強く進めるために、今あるプロセスのどこを伸ばし、どこを修正すべきと考えますか?

二ーリー:実はすでに、三木谷さんとその話を始めているところだ。英語化の取り組みはかなり長くやってきたが、急速にやる、大胆にやる、トップダウンでやる、システム化する、という4点の重要性を強く認識した数年間だった。ここからは、これらすべてをより磨き上げていく必要があると思っている。

デジタル化は今、歴史が始まって以来最も速いスピード、産業革命よりずっと速いペースで進んでいる。ここにさらにフォーカスしていかなければ、企業として生き残れない。楽天の場合、幸いにして英語化の経験から得た全社的な学びや成功体験がある。これはデジタル化を推し進めるうえでもかなり有利になるし、ほかの企業の先を行っている。

三木谷:僕も、英語化なくしてグローバルの成功はないと思っている。アセンブリのハードウェアで勝負できる時代は終わっているし、あらゆる技術、サービスの進化が早くなっている中で、どんな業態であれグローバルコミュニケーションが必要になった。そもそも日本人は皆、学生時代に何千時間も英語を勉強しているわけで。それを考えれば、英語かなんてそんなに難しいことではないはず。ここから10年後、20年後、楽天がさらにグローバルな組織になる中で、英語化もさらに完成形に近づいていくだろう。

ニーリー氏の来日に合わせ、楽天では社員向けの講演会や役員向けにケースワークを実施。終始英語で活発な議論が交わされた(記者撮影)

すると今度はやっぱり、デジタル化。これによって世の中が抜本的に変わっていくと思うので、デジタル化を全社的に進めるための策を練っている。英語化はあえてあまり考えずに始めたが、今回は前よりは少し考えたうえで進めていきたい。プログラミングだけでなく、データサイエンスや統計の知識が付くと、考え方が根底から変わってくる。そういうものを、これから半年くらいかけてプランニングしていきたい。

楽天というケーススタディ

――楽天の英語化の事例は世界の140以上の大学で取り上げられているとのことですが、教員や学生は具体的にどういう部分に関心を寄せているのでしょう?

二ーリー:この事例は、企業における言語と文化のグローバル化を真正面から検証した最初の実例といえる。ハーバードビジネススクールに人を送ってくるような企業は、まず楽天のようなグローバルなマーケットプレイス企業に関心が高い。それから、非常に大胆で過激なトランスフォーメーションを行った事例であることも大きい。変化を起こしたときに社内ではどんな反応・反発が起こるか、どんな選択をしていけばいいか、どういう戦略を立てればいいか、どういう実行のプロセスが望ましいか。そういうことを学ぶ格好の機会だ。

もう1つ付け加えると、楽天という企業が世界的ブランドとして知名度を上げてきているというのもある。数十億単位の人がFCバルセロナのユニフォームに入っているロゴを目にしているのだ。実際、楽天のケーススタディを教えてほしいと要望をもらうことも増えた。そういう意味でも非常に人気の高いケーススタディになっていて、英語化の一部をお手伝いした私としてもうれしい限りだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。