売れない商品ほど「名前がピンと来ない」理由

言葉をうまく置き換えたネーミングがキモだ

商品やサービスの魅力をぐっと増すために考えたいことは?(写真:A_Team / PIXTA)

世の中は、さまざまな商品・サービスであふれ、新たな商品・サービスも日々、無数に生まれています。

「ネーミング」が商品・サービスの運命を決める

一方、せっかく苦労して生み出したものも、何もしなければ埋もれてしまいます。生活者にしっかりと認知され、手に取ってもらい、さらには「なくてはならないもの」として末長く愛され続けるものになってほしい。商品・サービスをつくる人たちにとっての願いでしょう。

ただ、その想いに反して、生き残る商品・サービスは残念ながら一握りです。商品・サービスをつくった後にすることは、ターゲットに届けるためのマーケティング活動です。そして、その結果として「ブランド」が確立できれば、競合との差別化もでき、生活者に末永く愛され、長く残るものになっていきます。

では、どのようにマーケティングしていこうかと考えるとき、すぐに思い浮かぶことに広告やPRがあります。商品・サービスのネーミングから、どのようなキービジュアルやキャッチコピーで宣伝するか、旬のタレントを起用したCMを打ったほうがいいのではないか、話題になるイベントを企画してSNSでの拡散を狙うなど、いろいろと考えると思います。

次ページ「コンテンツマーケティング」の重要性
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。