「アメとムチ」は実は人のやる気を破壊する

「営業成績が下がったら××」の脅しは逆効果

8回スイッチを押すことはマウスにとっては途方もなく難しい課題ですが、「頑張ればなんとかなる」という環境です。だから、頑張りがいがありそうに見えるのですが、実は、そういう環境こそが生き物にとって最も過酷な状況なのです。

「8回押さなければ」という大目標を課されたマウスは、一切目標を課されずに「何をしてもダメ」という状況のマウス以上にストレスをためてしまっていたのです。

目標を設定することはやる気を促すための要諦ではありますが、大きな目標だけを与えられている状態では、しだいに頑張る気持ちが薄らいでいくばかりか、しだいに心身を崩してしまうことになるのです。

どうしたら目標にリアリティを感じさせられるか?

では、どういう目標設定であれば、やる気が湧き起こるのでしょうか。

『「やる気」を育てる! ~科学的に正しい好奇心、モチベーションの高め方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

心理学では、「遠隔目標」と「近接目標」の2つに分けて考えます。「遠隔目標」とは、前に触れたような大きな目標のことで、遠くに立てられた旗のようなものを指します。それに対して「近接目標」とは、その立てられた旗へと近づくために、「今日は何をすればよいのか」「1週間でどこまで進めばよいのか」といった、いますぐ動くための具体的な目印のことです。

遠くの目標を目指すとき、それにつながるような「目下の目標」が与えられて、それをこなしていけば大丈夫だと明確に示される状況――。これが、誰にとっても必要なのです。

遠い目標は、近い目標とセットにして提示されなければ、ストレスが掛かるだけです。遠隔目標を与えたら、それにつなげるための近接目標も提示されることで、はじめて人はやる気を出し続けることができるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。