日本人が知らないカンボジア「独裁化」の現実

中国がフン・セン政権の強権を支えている

カンボジアの民主主義はどこへ(写真:Photo by Satoshi Takahashi/LightRocket via Getty Images)
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

最大野党が解党させられたり、政府に批判的な報道を行ってきた主要新聞やラジオ局が閉鎖に追い込まれたりと、民主主義や基本的人権が危機にさらされているカンボジア。今年、総選挙が行われ、野党不在の中、フン・セン政権はより強固な政権基盤を築くことに成功しました。果たしてこの状況を民主主義ということができるのか。

GARDENでは現地で15年以上にわたって取材を続けてきたフォトジャーナリストの高橋智史さんのへのインタビューを続けてきました。GARDEN代表で、市民メディア8bitNewsを主宰する堀潤がdTVチャンネルで毎週月曜夜に放送している「NewsX」に高橋さんをゲストに迎え、あらためてカンボジアの最新情報を伝えてもらいました。

今月26日(金)夜には都内で高橋さんや、現地で人道支援を続ける国際NGO・日本国際ボランティアセンターの大村真理子職員と共に報告会も開く予定です。

報告会を前に高橋さんは「NewsX」で何を語ったのか、インタビューの模様を再録。動画もあるのでぜひご覧いただきたい。

野党なき総選挙で議席すべてが政権側へ

:カンボジアが今、大変心配な状況になっています。独裁化です。30年前まで、カンボジアには独裁的なポル・ポト政権があり、虐殺もありました。しかし、民主化を進めていこうということで、日本をはじめ民主主義各国が「選挙手伝うよ、お金が必要だよね。一緒になって民主主義について育てていこうじゃないか」という歩みを30年続けてきました。日本からは文民警察官の方が派遣されて犠牲になるなど、辛い過去を持ちながらも向き合ってきました。ところが最近、30年政権の座に君臨しているフン・センさんが、「我々はもう欧米の支援はいらない。中国の支援があれば十分だ」と高らかに宣言して、敵対する野党を解党したり、民主化の狼煙を上げ発信を続けてきたメディアを解体したり、市民を逮捕したり、ジャーナリストさえ逮捕しています。政権の関与が疑われるような暗殺という事案も発生しました。そうした中、今夜は、このカンボジアの変貌を10年以上現場で追い続けているフォトジャーナリスト・高橋智史さんをゲストにお迎えしました。よろしくお願いします。

高橋:よろしくお願いします。

次ページ今カンボジアでは何が起きているのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。