英語で言いたい!ワインを堪能するフレーズ

ボージョレ・ヌーボー片手に披露しよう

このほかにも、味の描写の例えとなるものを形容詞にしてappley(リンゴのような)、berrylike(ベリーのような)、grassy(草のような)、spicy(スパイシーな)、raisiny(レーズンのような)のように表現することもできます。

でも、あまりにも比喩表現が行きすぎると、ソムリエやワイン通が言う「濡れたイヌの香り」とか「雨上がりの湖のほとりの土の香り」とかみたいになってしまいそうですね。ちょっと筆者には難しくて理解できません。筆者なんて、だいたい何を飲んでも、It’s good. (うまい)とかI like it. (好き)とかしか言わないですからねぇ……。

酒飲みなら覚えておきたいことわざ

カッコよくワインの味を描写したあとは、こんなことわざを披露してトドメを指してください。同僚や友達もしびれて、ワインとあなたに酔いしれてしまうかも?

Good wine makes good blood. (よいワインはよい血となる)

直訳すると「よいワインがよい血を作る」という意味ですが、いったいどんな意味のことわざだと思いますか。日本語のことわざに置き換えると「酒は百薬の長」がいちばんしっくりくるでしょう。このことわざは、もう少し難しい単語を使って、

Good wine engenders good blood. (よいワインはよい血となる〔酒は百薬の長〕)

と言うこともあります。どちらでもまったく同じ意味ですので、どちらで言っても構いません。日本語のことわざにより近い言い方で、

Wine is panacea of all ill. (酒は百薬の長)

というのもあります。直訳すると「ワインはすべての病の万能薬」という意味で、まさに「酒は百薬の長」となります。

ことわざとまではいかないかもしれませんが、フランソワ・ラブレーという作家・医者が言ったというこんなフレーズは、少しウィットが利いていて、酒の席にはぴったりではないでしょうか。

There are more old drunkards than old physicians. (老医師よりも老酒豪のほうが多い)

「健康を気遣う医者よりも、酒飲みのほうが長寿だ」という意味で、暗に「酒は百薬の長」と言っています。このフレーズにはワインという単語は登場しませんが、これを言い訳にいつもより3倍くらいは多めに飲めそうですね。翌日の後悔はさておき……。

次ページ聖書にもワインが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT