「VRアミューズメント」が次々登場する舞台裏

渋谷に2施設オープン、VR映画も登場

VRCCは映画館に、ワイヤレスのVRヘッドセットを使った最大約70人のVR同時視聴システムを提供。システム一式の販売、レンタルの双方を準備し、複数の映画館運営会社と導入を交渉中だ。

VRは利用者の映像への没入感が強く、休憩のない視聴時間は最大で30~40分と、短編作品が中心となる。VRCCは東映がIPを保有する仮面ライダーなど特撮映画のほか、ホラー映画、アニメ映画、アイドルなどの音楽ライブ映像など、多彩なVRコンテンツを準備しているという。

VR機器普及の起爆剤となるか

IDCJapanの推計によると、2022年の用途別の国内VR関連市場の規模(PC本体、スマホ端末などは除外)は、コンシューマー向けゲーム(VRアミューズメント施設も含む)などVRゲームが約900億円(8.1億ドル、現状比33%増)、動画配信などビデオフューチャービューイングが約580億円(5.2億ドル、同1.3%減)、製造業などビジネスのトレーニング用途が約470億円(4.2億ドル、同14.4%増)となる見込みだ。

ただ、国内のVRヘッドセットの2018年の出荷台数予測は32万台程度。これまで何度か「VR元年」と言われ注目が高まるタイミングはあったものの、現状ではコンシューマー向け、ビジネス向けともにVR機器は普及がなかなか進んでいないのが実情だ。

あるVR業界の関係者は、「ハードの普及とVRコンテンツの増加は鶏と卵の関係。VRは利用者にとって新しい体験で普及に時間がかかっているが、先行投資を続ければ関連市場が一気に拡大するタイミングが必ずくる」と期待を寄せる。

VRアミューズメント施設の増加は、エンターテインメント分野でのVR市場拡大の起爆剤となるか。先端文化の発信拠点である渋谷に新しく誕生するVRアミューズメント施設の成否が、その試金石となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。