キッズユーチューバー、ゲーセンを動かす?

イオンファンタジー、利益6割増の理由

再生回数1200万回を超えるタイアップ動画(YouTubeから引用)

「次は、モーリーファンタジーで遊ぶよ」「このウサちゃんが欲しい〜」

約1年前に、YouTubeで配信されたファミリー向け遊戯施設の「モーリーファンタジー&キッズーナ」の動画。登場するのは、小中学生に人気のキッズユーチューバー、「プリンセス姫スイートTV」のひめちゃんとおうくん、その家族だ。

直近決算は営業利益が約6割増と絶好調

再生回数は直近で1200万回超えを達成するなど人気を集めている。実はこの動画は、こうした遊戯施設を運営するイオンファンタジーとのタイアップ企画だ。

クレーンゲームやメダルゲームなどが並ぶ店内(写真:イオンファンタジー)

イオンファンタジーは名前のとおり、イオンの子会社。小中学生など若年層やその家族をメインターゲットに、ショッピングセンター内でクレーンゲームやメダルゲームなどをそろえたアミューズメント施設を459店運営している。バンダイナムコアミューズメントなど競合を抑え国内同業では売上高ではトップを誇る。

同社の業績が好調だ。4月11日に発表した2018年2月期決算は、売上高が721億円(前期比10.9%増)、営業利益が59.7億円(同58.3%増)と大幅な増収増益で着地。4期連続で増収増益となっており、今2019年2月期も営業利益は2ケタ増の66億円を見込む。

成長の原動力となっているのが、2017年初から力を入れているYouTubeを使った販促だ。「放送時間や期間が限定されてしまうテレビ広告と違い、長期間にわたってYouTube上でプロモーション動画を流すことができる。12歳以下の子どもやその家族、中高生に向けて、低コストで効果的なプロモーションができている」(井畑啓一広報IR室長)。

今ではモーリーファンタジーの関連動画は、年間再生回数が9000万回を超えるという。

次ページすでに4割超は海外店舗に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT