キッズユーチューバー、ゲーセンを動かす?

イオンファンタジー、利益6割増の理由

再生回数1200万回を超えるタイアップ動画(YouTubeから引用)

「次は、モーリーファンタジーで遊ぶよ」「このウサちゃんが欲しい〜」

約1年前に、YouTubeで配信されたファミリー向け遊戯施設の「モーリーファンタジー&キッズーナ」の動画。登場するのは、小中学生に人気のキッズユーチューバー、「プリンセス姫スイートTV」のひめちゃんとおうくん、その家族だ。

直近決算は営業利益が約6割増と絶好調

再生回数は直近で1200万回超えを達成するなど人気を集めている。実はこの動画は、こうした遊戯施設を運営するイオンファンタジーとのタイアップ企画だ。

クレーンゲームやメダルゲームなどが並ぶ店内(写真:イオンファンタジー)

イオンファンタジーは名前のとおり、イオンの子会社。小中学生など若年層やその家族をメインターゲットに、ショッピングセンター内でクレーンゲームやメダルゲームなどをそろえたアミューズメント施設を459店運営している。バンダイナムコアミューズメントなど競合を抑え国内同業では売上高ではトップを誇る。

同社の業績が好調だ。4月11日に発表した2018年2月期決算は、売上高が721億円(前期比10.9%増)、営業利益が59.7億円(同58.3%増)と大幅な増収増益で着地。4期連続で増収増益となっており、今2019年2月期も営業利益は2ケタ増の66億円を見込む。

成長の原動力となっているのが、2017年初から力を入れているYouTubeを使った販促だ。「放送時間や期間が限定されてしまうテレビ広告と違い、長期間にわたってYouTube上でプロモーション動画を流すことができる。12歳以下の子どもやその家族、中高生に向けて、低コストで効果的なプロモーションができている」(井畑啓一広報IR室長)。

今ではモーリーファンタジーの関連動画は、年間再生回数が9000万回を超えるという。

次ページすでに4割超は海外店舗に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT