「VRアミューズメント」が次々登場する舞台裏

渋谷に2施設オープン、VR映画も登場

バンダイナムコアミューズメントが新宿・歌舞伎町に2017年7月にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」では、「マリオカート アーケードグランプリVR」や「ドラゴンボールVR」、「ドラゴンクエストVR」など、人気IP(知的財産権)を活用したVRアトラクションが人気だ。

「リア充」層を取り込み

同社のVRプロジェクトの小山順一朗所長は、「ショッピングセンター内ゲームセンターはクレーンゲーム、メダルゲーム、プリクラなど均一化している。一方で街のゲームセンターは特定ゲームにはまるマニア向けが増え、若者グループやカップルが離れ市場が縮小傾向にあった。VR ZONEでは、『リア充』層の取り込みが上手くいっている」と語る。

VR施設では機器の操作に慣れていない利用者が多く、運営面で課題もある(記者撮影)

ただ、VR施設の運営にはオペレーション面での課題もある。機器の操作に慣れていない利用者が多いため、あるVR施設では装着の補助や利用説明、安全対策などで「アトラクションの同時体験人数と同人数のスタッフが必要」(運営会社の関係者)。初期投資が抑制できたとしても、人件費を中心に運営コストがかさんでしまうのが現状だ。

こうした課題に対し、各運営会社は少人数でアトラクションを稼働させるオペレーションの工夫をしている。ティフォニウムシブヤでは、東急レクリエーションの映画館興行でのノウハウを活用し、一定時間でより多い人数が体験できるようにアトラクションまでの導線を工夫したり、スタッフの指導に力を入れているという。

アミューズメント施設だけでなく、映画館でVR技術を取り込む動きもある。7月には映画会社の東映、博報堂グループの映像コンサルティング会社クラフター、ソニーからPC事業を継承したVAIOの3社による共同事業VRCCが、新宿の映画館で「VR映画」の体験上映を実施した。

7月に上映したのは、「おそ松さんVR」、「evangelion:Another Impact(VR)」、「夏をやり直す」の三本立て。観客は映画館のシートに座り、VRゴーグルを装着してVR映画を視聴する。クラフターの古田彰一社長は、「映画館ではヘッドフォンで耳をふさぐことなく最高の音響でVRを楽しむことができる。また、大人数で同時鑑賞することで、ホラー映画の悲鳴や、コンサート映像での歓声など、ほかの観客の反応で臨場感が高まる」と語る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。