USJ、春休み料金「8700円に1割値上げ」の思惑

「繁忙期は高く、オフシーズンは安く」の勝算

2016年のハロウィーンイベントで、ゾンビ姿に仮装して盛り上がる人たち(写真:共同通信)

日本ではまだあまりなじみのない「変動入園料」の導入は、吉と出るか、それとも凶と出るのだろうか。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイは、日程によって入園料金を変える制度を導入すると発表した。

現在、一律で7900円となっている大人1日券は、繁閑の差により7400円、8200円、8700円という3種類の料金を設定する。たとえば、1月は7400円に値下げされる一方、中国の春節(旧正月)を含む2月は8200円、学生の春休み期間にあたる3月末は8700円に値上げされる。導入は2019年1月10日からを予定している。

ダイナミックプライシングとは

USJは2018年まで9年連続で入園料の値上げを実施してきた。2019年1月以降についても、一部期間の料金が値下げされたとはいえ、実質的には値上げとなる期間が多い。強気の価格戦略を打ち出した格好だ。

今回導入するのは、ピーク期間とオフピーク期間で料金が変動する「ダイナミックプライシング」と呼ばれる料金体系。海外ではアメリカのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやユニバーサル・スタジオ・ハリウッド、中国の上海ディズニーリゾートなどの大手テーマパークで導入されており、珍しくない。USJも従来から、閑散期のユニバーサル・エクスプレス・パス(アトラクションの優先搭乗券)料金を引き下げていた。

次ページ変動料金で多様なニーズに対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT