新型ジープ・ラングラーは一体何がスゴいか

11年ぶり刷新の硬派SUV、乗ってわかった実力

どこからどう見てもラングラーというほかないスタイリングは、今回も守られた(写真:FCAジャパン)

FCAジャパンは10月25日、全面改良した新型「ジープ・ラングラー」を発表した。11月23日に全国の販売店で発売される。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ラングラーは、これまで約11年販売されてきたJK型が世界各国で過去最高レベルのヒット車となった。最大の理由は、歴代ラングラーが2ドア車しかなかったのに対し、ロングホイールベースの4ドア車(ラングラー アンリミテッド)を設定したことにあった。

ラングラーにも後席はあって定員は4人なのだが、2ドアで車高が高いので後席へのアクセスは悪く、4人乗車の状態ではラゲッジスペースがほぼなくなるため、SUVというよりもクーペに近い使い勝手だった。これに対しラングラー アンリミテッドは定員5人で、5人乗車の状態でもラゲッジスペースが確保されるため、いわゆるSUVとして使うことができたのだ。

日本人はジープが大好きだ

それまでラングラーは独特のスタイルと高い悪路走破性をもつ代わりに使い勝手の面で我慢を強いられる特殊なクルマだったのが、アンリミテッドの追加によって魅力や性能を維持したまま使い勝手もよくなった。これによってJK型は大ヒット。実際、販売比率はほとんどがアンリミテッドだった。

ちなみに、日本におけるジープブランドの販売台数は、2010年が約2000台だったのに対し、2018年には約1万2000台に達する見通し。この立役者が安定的に全販売の4割程度を占めてきたラングラーだ。意外なことに、今年1~9月の数字で、ラングラーは自らが属するセグメント(輸入D-SUVセグ)にあって、メルセデス・ベンツ「GLC」、BMW「X3」に次ぐ3番目に売れたモデルだという。11年前に登場した車種の最末期モデルが、だ。またジープ全モデルにおけるラングラーの販売比率が最も高いのが日本。日本人はジープが大好きだ。

次ページよほどのファンでないかぎり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。