ドル円、一時112円を割れ3週間ぶりの安値

米長期金利も低下、ドルの下値はどうなる?

 10月11日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

[東京 11日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。

前日米国の株価が大幅安となった流れを引き継ぎ、日経平均は前営業日比914.94円安の2万2591.10円で前場の取引を終えた。

ドルは仲値にかけて112.32円まで上昇したが、その後、株価が再び下げ幅を拡大すると111.96円まで下落し、9月18日以来約3週間ぶりの安値をつけた。  

この日は、株安でリスク回避の円買いが広がる一方で、米長期金利低下によるドル売りも加わり、ドル売り/円買いが広がった。

ただ、111円台では値ごろ感からの買いも流入したとされ、株安の割には下値は堅かった。

米10年国債利回りは3.1497%付近。一時3.146%まで低下し、前日につけた3.244%から10ベーシスポイント弱低下した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT