ドル円、一時112円を割れ3週間ぶりの安値

米長期金利も低下、ドルの下値はどうなる?

 10月11日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

[東京 11日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。

前日米国の株価が大幅安となった流れを引き継ぎ、日経平均は前営業日比914.94円安の2万2591.10円で前場の取引を終えた。

ドルは仲値にかけて112.32円まで上昇したが、その後、株価が再び下げ幅を拡大すると111.96円まで下落し、9月18日以来約3週間ぶりの安値をつけた。  

この日は、株安でリスク回避の円買いが広がる一方で、米長期金利低下によるドル売りも加わり、ドル売り/円買いが広がった。

ただ、111円台では値ごろ感からの買いも流入したとされ、株安の割には下値は堅かった。

米10年国債利回りは3.1497%付近。一時3.146%まで低下し、前日につけた3.244%から10ベーシスポイント弱低下した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。