ドル円、一時112円を割れ3週間ぶりの安値

米長期金利も低下、ドルの下値はどうなる?

 10月11日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。写真はワシントンで2015年3月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron)

[東京 11日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.10/12円。

前日米国の株価が大幅安となった流れを引き継ぎ、日経平均は前営業日比914.94円安の2万2591.10円で前場の取引を終えた。

ドルは仲値にかけて112.32円まで上昇したが、その後、株価が再び下げ幅を拡大すると111.96円まで下落し、9月18日以来約3週間ぶりの安値をつけた。  

この日は、株安でリスク回避の円買いが広がる一方で、米長期金利低下によるドル売りも加わり、ドル売り/円買いが広がった。

ただ、111円台では値ごろ感からの買いも流入したとされ、株安の割には下値は堅かった。

米10年国債利回りは3.1497%付近。一時3.146%まで低下し、前日につけた3.244%から10ベーシスポイント弱低下した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT