グーグル新スマホ「Pixel 3」は"買い"なのか

iPhoneよりも「AI」に対してアグレッシブ

先進国各国では、フラッグシップモデルとしてのiPhoneの勢力は大きい。特に日本は、国内メーカーの撤退や事業縮小が相次いだこともあり、iPhoneの勢力は各国に比べて極めて高い状態にあった。ここに、グーグルが、AIを存分に生かした独自スマートフォンでチャレンジしようという流れだが、日本ではアメリカ以上に善戦する可能性がある。

日本で複数キャリアが販売する意味は大きい

アメリカではこれまで、Pixelシリーズを直販のほか、アメリカ最大手の携帯電話ネットワークVerizon Wireless経由で販売してきた。確かにVerizonの米国における勢力は大きいが、AT&T、T-Mobileといったキャリアのユーザーを取りこぼす結果となってきた。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」ではシリコンバレーの詳細なリポートをお届けしています。購読申し込みなどの詳細はこちら

しかし日本では、NTTドコモとソフトバンクが販売を行うため、これまでAndroidスマートフォンを利用してきたユーザーにとって買い替えの選択肢だ。グーグルの最先端AIを体感したいのであれば、「買い」といえるだろう。こうした乗り換えの促進を狙って、日本向けのおサイフケータイサポートを実現している、と見てよいだろう。

グーグルは「Made by Google」のブランドで、「Google Home」シリーズやVRヘッドセット「Daydream」、Wi-Fiルーター「Google Wi-Fi」など、スマートフォンとスマートホーム向けの機器をラインアップしてきた。

たとえばGoogle Home miniは、ファブリックに採用する色の選定だけでも100以上のライティングを変えてテストするなど、「グーグルと人とを結びつけるインターフェース」としての深くこだわりをもって製品を作り出してきた経緯がある。

グーグルによって丁寧に作られたテクノロジーや人工知能のインターフェースは、驚きや楽しさだけでなく、心地よい生活を作り出してくれることになるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT