内面を深めると上達も早い

俳人・金子兜太氏②

かねこ・とうた 俳人。1919年生まれ。東京帝大経済学部卒、日本銀行に入行。戦後すぐに労働組合の中心メンバーになり管理職にならずに定年退職。在職中から現代俳句に取り組む。朝日俳壇選者を20年以上務めている。日本芸術院会員。2008年文化功労者。

俳句は老若男女を問わず誰もが親しんでおり、まさに国民文芸となっています。俳句人口は国内で1000万人とも言われますが、私の感触ではもっといますね。海外にも愛好者がいて、100万人以上が短い定型詩として“Haiku”を楽しんでいます。飲料会社の伊藤園俳句大賞の審査員を第1回から務めていますが、18回目の今年は160万句が集まった。こんなところにも俳句の隆盛を感じます。ちなみに今年の大臣大賞は100歳の男性の方でした。審査後に作者の年を知らされて、一同、びっくりです。

 これだけ多くの人に支持されているというのは、俳句が一般性・庶民性と、文芸としての一流性・芸術性を兼ね備えているからでしょう。庶民性だけでは面白くないが、かといって芸術性だけでは一般の人はついてこない。詩として美しさを持ちつつ誰でも人間の感情や姿を描き出すことができる。それが俳句です。

内面を深めていけるかどうか

私は昭和53(1978)年から朝日カルチャーセンターで俳句を教えていますが、当時はカルチャーセンターなどはしょせんはお稽古ごとの世界で、愚にもつかないというのが大方の見方でした。ところが実際に教えに行ってみると、受講者のレベルの高さに驚かされました。それは想像以上でした。

このとき気づいたのは、女性の句のほうが男性のより圧倒的にいいことです。理由ははっきりしていて、女性のほうが感性に恵まれているというか、感覚が柔軟であることでしょう。女性は子育てをしていて命そのものと向き合っている。だから人間の本能やエネルギーといったことをよく知っている。女性のほうが上達も早いし、生活実感にあふれたいい句をつくります。

ですが男性がまるきりダメかというとそうでもない。しばらくすると女性を超える句をつくる人が出てくる。なぜそうなるかといえば、自分の人生経験をうまく内面で昇華して、自分なりの哲学をつくるところまでもっていくからです。カルチャーセンターに来る男性は、ほとんどが60歳以上で人生経験も豊かです。これまでの経験を、第二の人生の栄養にしようと考えている。そうした人は書き込む技術さえ会得すれば、深みのある句ができるようになる。

でも男と女、どちらがうまいとか下手とかいうことではありません。俳句は日常詩ですから感覚を大事にし、それから徐々に内面を深めていく。それができるかどうかです。そうやってできた句は、読み手の心も揺さぶるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。