販促支援に仏政府も乗り出した崖っぷちのボジョレー商戦


 今年も11月20日にボジョレー・ヌーボーが解禁された。ブームはすでに過去の話。輸入量は2004年をピークに減少の一途をたどり、前年比3割減となった昨年に続き、今年もさらに2割減の見通し。でもボジョレーは年間で最もワインが売れる重要な商機。これ以上の市場縮小を食い止めようと業界は必死だ。

最大手のサントリーは、ユーロ高の時期に買い付けたが値上げはこらえ、販売価格を昨年から据え置いた。2番手のメルシャンは、販売価格を4~5%値上げしたが、500ミリリットルの飲み切りサイズを拡充するなど、あの手この手で策を練る。

実は、この状況に最も危機感を抱いているのがフランス本国。今年、フランス農水省は日本向けに過去最大規模の販促費用を準備した。日本での窓口のフランス食品振興会は、初めて特製ポスター10万枚を作成し飲食店などに配布。店頭販促を行う派遣人件費の一部負担も始めた。

スーパー各社もボジョレー商戦に力を入れている。ダイエーは予約が前年比10%増、イオンでも2ケタ増という健闘ぶり。ただ、低価格品の投入で顧客拡大を図る店も多い中「スーパーの品ぞろえ拡充で質の悪い商品も出回るようになり、ボジョレー自体の評価が下がりつつある」(小売り関係者)との声も。市場縮小に歯止めはかかるか。

(佐藤未来、鈴木良英 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT