A代表最年少出場の市川大祐が語るW杯の経験

17歳の自分を呼んだ岡田監督の決断力に感服

20年前の記憶を語った市川大祐氏。現在はJ1・清水エスパルスの普及部スタッフ(筆者撮影)

FIFA(国際サッカー連盟)が発表する最新のFIFAワールドランキング(9月20日時点)で1位に躍り出たベルギーに2点を先制しながら、3点を奪われ、まさかの逆転負けを喫した2018年ロシアワールドカップラウンド16・ベルギー戦(ロストフ)から3カ月。

サッカー日本代表は森保一(もりやす・はじめ)新監督の下、新たな一歩を踏み出したところだ。

その初陣となった9月11日のコスタリカ戦(大阪・吹田スタジアム)では20歳の新星・堂安律(オランダ1部・フローニンゲン)らフレッシュな面々が躍動。課題だった若返りが進みそうな雲行きだ。

思い起こすこと20年前。

1998年4月1日の親善試合・韓国戦で日本代表最年少出場記録を打ち立てた市川大祐(写真:アフロ)

初出場となる1998年フランスワールドカップを目前に控えた日本代表には20歳前後の若い世代が続々と呼ばれ、新風を吹かせていた。

その筆頭が17歳322日というA代表最年少出場記録を持つ市川大祐(現・清水エスパルス普及部)だ。

1998年4月の日韓戦(ソウル)で国際Aマッチデビューを飾り、フランスワールドカップメンバーからの落選という憂き目に遭いながら、22歳で2002年日韓ワールドカップ16強に貢献したかつての右サイドバックには20年間の日本代表の進化がどう映るのか。

自身の体験も交えつつ、率直な思いを語ってもらった。

このロシア大会が4年後にどんな影響を与えるか

「日本がベスト16入りしたのは2002年日韓、2010年南アフリカに続いて3回目ですけど、『よくあの短期間でチームをまとめたな』という印象が強いですね。ただ、大会直前にハリル(ホジッチ)さんから西野(朗)さんに監督が代わって、チャレンジしづらい状況になったとは思います。

短期間でチームづくりをするとなれば、どうしても経験のある選手を中心にしなければならなくなる。ワールドカップには『4年後の準備』という意味合いもあるけど、今回は経験を積めた若い選手が少なかった。それが4年後のカタールにどう影響するかが気になります」

次ページ市川が初めて代表招集された時
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。