「地方出身の東大生」の勉強法が本質的すぎた

「環境の不利」を跳ね返す"独学法"とは

授業・暗記・メモ帳……なんでもスマホで可能になる

また、「スタディサプリ」というアプリも登場しています。これは、月額980円で、4万本以上の授業が受け放題になるというアプリです。これを使えば、周りに塾がない地方の学生でも都会の学生と変わらないクオリティの授業を、いつでもどこでも受けることができます

実際、このアプリを使って東大に合格した学生も僕の周りには多いです。また、僕は今、静岡県の沼津にある誠恵高校という学校で、今まで偏差値が低かった生徒に対してスタディサプリを使った勉強のサポートを行う「リアルドラゴン桜」をやっているのですが、これも一定の成果が出ています。

このアプリだけではありません。英単語や年号・○×問題を出題する暗記のためのアプリも増えています。有名単語帳の『ターゲット』もアプリで配信されており、TOEICやTOEFLで出題される英単語を集めたアプリも出ています。

スマホアプリであれば、テストもパズル感覚で容易に受けることができますし、採点も一瞬で終わります。また、テストで間違えたところも記録されており、自分の弱点をデータで把握することもできます。

1人で勉強していると、なかなか自分の弱点や自分ができないところに気づくことができません。しかし、こうした暗記アプリやSNSは、自分のできないところを客観的に教えてくれます

わざわざ塾に行かなくても、単語帳をたくさん買ったりしなくても、スマホアプリを有効に活用すれば東大にも合格できる時代になってきているのです。

大切なのは「能動的に学ぶ」こと

もちろん、スマホというのはいくらでも遊べてしまうものですから、うまく活用できずに成績を下げてしまう人もいるかもしれません。しかし、「ちゃんと勉強したい!」「絶対東大に行きたい!」と能動的に目標を設定できる人にとっては、こんなにすばらしいツールはないのです。

「1冊の本をきちんと読み込む」「アプリをうまく活用する」という2つの特徴を紹介してきましたが、どちらの特徴も、「能動的に自分の持つリソースを活用しようとする姿勢」が見て取れると感じました。

むやみやたらに参考書を読み漁るのではなく「これ」と決めた1冊から情報を得ようとする姿勢。スマホという毒にも薬にもなるリソースを、目標のためにフル活用しようとする姿勢。

受動的ではなく能動的に行動するというところに、与えられた環境を飛び越えて目標を達成する糸口があるのではないでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT