個人投資家は「利益確定」をこらえ我慢する時

渦中のTATERU株に参戦!その結果は?

【9月18日 火曜日】NYダウは、92ドル安の2万6062ドル。TATERUは、80円ストップ高(22.04%、東証1部値上率1位)の443円。日経平均は、325円高の2万3420円と3日大幅続伸し、明確に2万3000円を抜けてきた。

【9月19日 水曜日】日経225先物は、360円高の2万3640円。NYダウは、184ドル高の2万6246ドル。コーヒーの価格が、12年9カ月ぶりに安値をつけているようだ。年初と比べると3割安水準。理由は、ブラジルの豊作とブラジルレアル安。優待目的保有の石光商事(2750)(コーヒー主力の老舗輸入商社)の業績にどう影響があるかウォッチしていきたい。

2018年の基準地価(各都道府県の7月1日の時点での土地価格の調査を基にした土地価格調査)が発表。全国平均が全用途で27年ぶりに下落から上昇に転じたと報道。いよいよデフレが止まったかも。TATERUが、80円連続ストップ高の523円。朝鮮半島の「南北首脳、合意文書に署名」と報道。日経平均は、251円高の2万3672円と4日大幅続伸。

【9月20日 木曜日】日経225先物は、40円高の2万3560円。NYダウは、158ドル高の2万6405ドルと7カ月半ぶり高値。9時1分、日本郵政は、2円高の1345円をつけ、年初来高値更新。

9時14分、トーセイ・リート投資法人(3451)を11万3000円で20口売り、9万540円の利益確定。売った理由は、昨年10月に公募増資をしており、今年もやるのであれば、発表と同時に下がってしまうので、この発表の可能性のある時期の保有を避けた。高配当利回りREITで、約6%、貸株料1%と高く、10月末の分配金は欲しいところだが、公募増資がなければ、また買えばいいし、あれば売った資金で公募増資に申し込みをしようと思う。TATERUは、18円安の505円。日経平均は、2円高の2万3674円と5日続伸。

「利確」したい気持ちをこらえ、利益を伸ばすとき

【9月21日 金曜日】日経225先物は、230円高の2万3690円。NYダウは251ドル高の2万6656ドル。TATERUは、100円ストップ高の605円、TATERUの買うタイミングはほぼばっちりだったが、買った株数がたった1200株(平均買値353.5円)とは少なすぎた。日経平均は、195円高の2万3869円と6日続伸。

【9月22日 土曜日】日経225先物は、30円安の2万3720円。NYダウは86ドル高の2万6743ドル。1ドル112.54円、1ユーロ132.26円。

米中の貿易戦争激化の中、日経平均株価は、9月13日から21日間、6日続伸で2万2604円から2万3869円と値幅1265円、約5.6%と大きく上昇した。なかなか抜けなかった2万3000円の壁を抜けてきた。

ここからの私の投資戦略は、9月配当優待権利(25日)をしっかり取り、上昇トレンドに乗っていく。日経平均でいえば、1月23日につけた年初来高値の2万4129円を目指す展開になるのではないか。上昇ピッチが早いので、多少の押し目はあると思うが、上昇トレンドは継続する可能性が高いと思う。銘柄にもよるが、日経平均が2万3000円をなかなか突破できなかったので、株価がようやく反発し、やれやれと思って売るとさらに上昇して悔しい思いをすることがよくある。ここは、利益確定をしたい気持ちをグッとこらえて利益を伸ばしたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT