親たちが信じる「継続は力なり」に感じる疑念

子どもだって「利」がないと動かない

人は心を持っています。その心の状態を無視して、目に見える現象を強制的に変えようとしても難しいのではないでしょうか。相手の心の状態を無視して、命令されて作った“表面的”カレーは、気持ちがこもっていないため、もうカレーは作りたくないと思うのではないでしょうか。つまり継続したくなくなるということなのです。

重要なことは、「心の状態→行動」という形を覚えておくことです。

心が動かなければ、人は成果も出しにくいものです。たとえ、強制的に継続できたとしても内容のない形だけの“作業”になるでしょう。“作業”だけであればやってもやらなくても大して効果は変わりません。

でも、「そんなこと言われても、ではどうしたらいいのでしょうか」と思われるでしょう。そこで具体的な方法についてお話ししましょう。

子どもが「利」を感じるようにする

まず初めに次のことを知っておいてください。

一般に、「人は『利』がないと動かない」

人は、「利」がないと動かないのです。非常時以外は(非常時は『義』で動く場合があります)。逆に「利」があると、言われなくても勝手に動きます。この場合の「利」とは、お金のことだけではありません。楽しいということも「利」、上手になったと感じることも「利」なのです。この「利」を感じさせてしまえば、人は動くのです。

では子どもにとっての「利」とは何なのか? その「利」を感じるようにするにはどのようなアプローチをとればいいのか、それを考えてみてください。

たとえば、電気を消すとどれだけ電気代が節約できるかということを記録にして、1カ月間限定イベントを家族でやるとか、習い事に1回いくとそれをポイントにして成長を数字で表してグラフ化していくなど、さまざまな工夫が考えられます。そうすれば子どもが「利」を感じ、やってみたい、続けていきたいと思うようになる可能性が高まり、自然と継続するようになっていきます。

このような「利」を感じるような方法を試しても、もし続かないということであれば、そのこと以外の経験をする機会ができたと考えていくとよいのではないでしょうか。そこから何を読み取るかが、親の役目かもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT