フランス人が親戚付き合いで疲弊しない理由

子にベタベタしないが「孫育て」には積極的

フランス人から親戚付き合いのヒントを探ります(写真:LeoPatrizi/iStock)

自身や配偶者の親との関係など、家族・親戚との付き合いに悩む人は少なくないだろう。学校や職場の変更に伴い移り変わる友人関係と違い、親戚との付き合いは長く続く。身近な親戚と良好な関係を築けたら、人生は一層豊かになるはずだ。フランス人の家族の姿から、スムーズな付き合い方のヒントを探ってみた。

フランス流「シニア世代の暮らし」3つの例

自立を重視するフランス人は、基本的に就職すると親元を離れて住む。結婚したカップルが親と同居することも少ない。パリ滞在中に知り合った70代の夫婦は2人で住み、2、3カ月に1回、息子夫婦が孫を連れてやってくるという。孫が来る日は、マダムはチョコレートケーキを焼いて待つ。その老夫婦はノルマンディー地方に別荘を持っていて、夫が運転する車で2、3カ月に1度、数週間滞在することも楽しみにしていた。

知人のなかには、80代で一人暮らしをしている女性もいた。耳が遠く、歩く速さはゆっくり。時折息子が様子を見に来るが、普段はヘルパーの助けを借りて暮らし、昼食は近所のカフェで1人でとることもあった。

60代の女性は夫が亡くなった後、やはりパリのアパルトマンに1人で暮らしていた。南仏にも家があり、庭の手入れのために南仏とパリを頻繁に行き来していた。フランス国内に住む子どもが孫を連れて訪ねてくる一方、1年に1回くらい中東に赴任している息子夫婦を訪ねていた。

次ページ彼・彼女らに共通することは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT