フランス人が親戚付き合いで疲弊しない理由

子にベタベタしないが「孫育て」には積極的

夫の両親や兄弟ら大勢が集まる際の嫁の立場はどうだろうか。日本では正月が家族や親戚が集まる機会となっているが、フランスではクリスマスを家族や親戚で祝う。知人のフランス人夫婦は昨年末、24日の夜には夫側の親戚を自宅に招き、25日の昼には妻側の親戚を自宅に招いた。

フランス人はクリスマスには、ごちそうを食べる。日本のおせち料理の場合、外で購入する家庭もあるが、手作りするとしたら女性が用意する家庭が多いのではないか。正月に夫の実家へ帰省する場合、迎春準備が妻にとってはストレスになるという話も聞く。

知人の家庭では24日の夕食も25日の昼食も、夫が十数人分の食事作りを担当した。前菜は生ガキとフォアグラ、メインは牛肉のローストなど、おせち料理のような時間と手間のかかるメニューではないが、素材が良いのでおいしい。デザートは招待客の1人が持参した。

「負担の分担」が大事

日本の正月は、料理を出したり、お酒の用意をしたり、おもちを焼いたり、主婦は座っていられないというイメージがあるが、フランスのクリスマスは趣が違うようだ。知人の家庭では、妻も食前酒を出したりしていたが、食卓でのおしゃべりを楽しむ時間も十分にあった。

楽しいはずのクリスマスも、誰か1人に負担が偏れば、その人にとっては憂鬱な年中行事になってしまう。親戚が集まる機会に負担を分担することも、長く続く親戚付き合いのなかでは重要なことだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。