やせる「ランチの食べ方」、超簡単な3つのコツ

我慢しない!「おいしく食べる方法」は?

2つ目の「やせるランチの食べ方」のコツは、「『1口目の食べ物』を意識する」ことです。

ランチは「ベジファースト」をルールにする

【2】「1口目の食べ物」と「食べ合わせ」を意識する

ランチには食べたいものを持ってきてもOKですが、食べ方に「もうひと工夫」すると、より効率的になります。そのポイントのひとつは「ベジファースト」、つまり「1口目を野菜にする」ことです。

血糖値の上がり方を左右するのは、実は、「1口目の食べ物」です。特に、お腹がすいているときの1口目ほど重要です。

空腹時に、いきなりパンや麺類などの糖質を食べてしまうと、血糖値は一気に上昇してしまいます。その後は急激に血糖値が下がるので、強い眠気やだるさを感じたりして、精神的にも不安定になりやすくなります。

野菜などの食物繊維の多い食べ物は、血糖値の上昇をゆるやかに調整してくれます。そのため、「1口目は野菜にする」ことをお勧めしています。

しかし、たとえば、「ハンバーガーとフライドポテトのセット」というような、「ベジファースト」のルールを守ることが難しい場合があります。

フライドポテトのじゃがいもは野菜と思いがちですが、糖質が多いので血糖値は上がります。だからといって、バーガーの中のレタスやトマトを引っ張り出して先に食べるのも、あまりマナーがよくないですよね。

こんなときは、「単品でサラダを追加する」、あるいは食べる前に「トマトベースの野菜ジュース」を飲んでおくなどで「ベジファースト」を意識してみましょう。トマトベースの野菜ジュースは糖質が低めなので、サラダがとれないなど、ベジファーストができないときにお勧めです。

もし、できる場合は「山盛りのサラダを食べてから」というルールにすることで、より効果的になります。その結果、食べすぎを防ぐことができ、その後の食べたいものが少量でも満足しやすくなります。

また、食物繊維も併せてとれるので、ダイエットのカギにもなる「腸内環境の改善」や「満腹感」にもつながります。できるときは「山盛りのサラダを食べてから」を意識してみてください。

次ページ「食べる前にできる、ひと工夫」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT