やせる「ランチの食べ方」、超簡単な3つのコツ

我慢しない!「おいしく食べる方法」は?

2つ目の「やせるランチの食べ方」のコツは、「『1口目の食べ物』を意識する」ことです。

ランチは「ベジファースト」をルールにする

【2】「1口目の食べ物」と「食べ合わせ」を意識する

ランチには食べたいものを持ってきてもOKですが、食べ方に「もうひと工夫」すると、より効率的になります。そのポイントのひとつは「ベジファースト」、つまり「1口目を野菜にする」ことです。

血糖値の上がり方を左右するのは、実は、「1口目の食べ物」です。特に、お腹がすいているときの1口目ほど重要です。

空腹時に、いきなりパンや麺類などの糖質を食べてしまうと、血糖値は一気に上昇してしまいます。その後は急激に血糖値が下がるので、強い眠気やだるさを感じたりして、精神的にも不安定になりやすくなります。

野菜などの食物繊維の多い食べ物は、血糖値の上昇をゆるやかに調整してくれます。そのため、「1口目は野菜にする」ことをお勧めしています。

しかし、たとえば、「ハンバーガーとフライドポテトのセット」というような、「ベジファースト」のルールを守ることが難しい場合があります。

フライドポテトのじゃがいもは野菜と思いがちですが、糖質が多いので血糖値は上がります。だからといって、バーガーの中のレタスやトマトを引っ張り出して先に食べるのも、あまりマナーがよくないですよね。

こんなときは、「単品でサラダを追加する」、あるいは食べる前に「トマトベースの野菜ジュース」を飲んでおくなどで「ベジファースト」を意識してみましょう。トマトベースの野菜ジュースは糖質が低めなので、サラダがとれないなど、ベジファーストができないときにお勧めです。

もし、できる場合は「山盛りのサラダを食べてから」というルールにすることで、より効果的になります。その結果、食べすぎを防ぐことができ、その後の食べたいものが少量でも満足しやすくなります。

また、食物繊維も併せてとれるので、ダイエットのカギにもなる「腸内環境の改善」や「満腹感」にもつながります。できるときは「山盛りのサラダを食べてから」を意識してみてください。

次ページ「食べる前にできる、ひと工夫」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング