やせる「ランチの食べ方」、超簡単な3つのコツ

我慢しない!「おいしく食べる方法」は?

最後の「やせるランチの食べ方」コツは、「豆乳」「ヨーグルト」を取り入れる方法です。

【3】食前に「豆乳」「ヨーグルト」をとる

「ベジファースト」を意識しようと思っても、どうしても野菜がとりにくいときは、「食前に豆乳またはヨーグルトをとる」ことをお勧めします。

まず、豆乳には「たんぱく質」が含まれています。「大豆たんぱく」にはコレステロールや中性脂肪を抑える働きなど血中脂質の改善効果があり、血糖値の上昇を抑えてくれる効果もあります。

豆乳には数多くの種類があり、「無調整の豆乳は飲みづらい」という人は「調製豆乳」でもOK。最近は豆乳もかなりおいしくなっているので、いろいろ試してみて好みのものを見つけておくといいでしょう。

ヨーグルトにも「たんぱく質」が含まれているので、糖質の吸収をゆるやかにする効果があります。不足しがちな「カルシウム」や発酵食品を手軽にとれるのも利点です。特にギリシャヨーグルトやカスピ海ヨーグルトなど、「ネバネバが強いヨーグルト」は血糖値の上昇をゆるやかにする効果が高いのでお勧めです。

そのほか、たんぱく質食品は、糖質中心の食事に比べて消化に時間がかかるので、空腹感の予防にもつながります。

ダイエット中だからこそ「ランチ」を楽しもう

ダイエット中は楽しいはずのランチも、「我慢」ばかりではストレスを感じてしまいます。

そんな方に、私は「ダイエット中でも1食は必ず満足できる、楽しいランチにしましょう!」とお伝えしています。

「満足」といっても、好きなものを好きなだけ食べるということではなく、「結果的に満足できる工夫をした食べ方をすること」です。「食べたくても食べない」「我慢ばかり」「食べる量をつねに減らす」では、反動で「ドカ食い」を招き、リバウンドのもとになってしまいます。

本記事で解説したように、「食べ方」をちょっと工夫するだけで、「ダイエット中のストレスを減らし、上手に継続する」ことができます。無理なく、一生続けられるダイエットこそ「最強のやせ方」だと私は思っています。

ぜひ皆さんも、「やせるランチの食べ方」を参考にしてください。無理なく、楽しく続けられる「最強のやせ方」をして、「健康的にやせる助け」ができたらうれしいです。

(医学監修:池谷敏郎[医学博士])

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT