大坂なおみ優勝で「日本人」の定義は変わるか

同質性へのこだわりもいずれなくなる?

ドキュメンタリー作品『ハーフ(Hafu - the mixed-race experience in Japan)』の共同監督を務めた西倉めぐみ氏は言う。「『ハーフ』の人たちが公の場で日本を代表できれば、その人が日本人の頭と心を開いて、より日本人の受容性を高められるだろう」。

「この社会では、人は国籍や人種について限られた見方をしていて、1人の国籍や人種は1つであり、複数ではないと言う」。西倉氏は日本人の父親とアイルランド系アメリカ人の母親によって日本で育てられ、現在はニューヨークに暮らしている。「大坂なおみ選手は、国籍や人種は1人に1つだという古い考え方にとらわれている人たちに、非常に興味深い課題を突き付ける」。

インタビューは日本語と英語

大坂選手は日本人としてのアイデンティティを伸ばそうとしてきた。日本メディアとのインタビューで、彼女は日本語で質問に答え、漫画と緑茶が好きだと語った。

決勝戦での勝利のあと、大坂選手は優勝したことを謝り、日本人的な性格を見せた。ファンに感謝するときも、お辞儀をして頭を下げるという、日本では一般的な行為をした。

今大会継続してきた「我慢」のプレーで夢を1つかなえた大坂なおみ選手(写真:Chang W. Lee/The New York Times)

NHKとのインタビューでは、大坂選手は一部の質問に日本語で答え、残りは英語で答えた。ウィリアムズ選手を倒したことについては、寂しさとうれしさが入り混じった気持ちだったことを、日本語で答えた。しかし、TBSのインタビュアーが、4大大会を制した初の日本人となったことをどう思うか尋ねると、「非常に光栄に思う……。日本語でどう言うのかわからないけれど」と、ニューヨークのスタジオで、英語で答えた。

(執筆:Motoko Rich、翻訳:東方雅美)
© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT