大坂なおみ優勝で「日本人」の定義は変わるか

同質性へのこだわりもいずれなくなる?

ドキュメンタリー作品『ハーフ(Hafu - the mixed-race experience in Japan)』の共同監督を務めた西倉めぐみ氏は言う。「『ハーフ』の人たちが公の場で日本を代表できれば、その人が日本人の頭と心を開いて、より日本人の受容性を高められるだろう」。

「この社会では、人は国籍や人種について限られた見方をしていて、1人の国籍や人種は1つであり、複数ではないと言う」。西倉氏は日本人の父親とアイルランド系アメリカ人の母親によって日本で育てられ、現在はニューヨークに暮らしている。「大坂なおみ選手は、国籍や人種は1人に1つだという古い考え方にとらわれている人たちに、非常に興味深い課題を突き付ける」。

インタビューは日本語と英語

大坂選手は日本人としてのアイデンティティを伸ばそうとしてきた。日本メディアとのインタビューで、彼女は日本語で質問に答え、漫画と緑茶が好きだと語った。

決勝戦での勝利のあと、大坂選手は優勝したことを謝り、日本人的な性格を見せた。ファンに感謝するときも、お辞儀をして頭を下げるという、日本では一般的な行為をした。

今大会継続してきた「我慢」のプレーで夢を1つかなえた大坂なおみ選手(写真:Chang W. Lee/The New York Times)

NHKとのインタビューでは、大坂選手は一部の質問に日本語で答え、残りは英語で答えた。ウィリアムズ選手を倒したことについては、寂しさとうれしさが入り混じった気持ちだったことを、日本語で答えた。しかし、TBSのインタビュアーが、4大大会を制した初の日本人となったことをどう思うか尋ねると、「非常に光栄に思う……。日本語でどう言うのかわからないけれど」と、ニューヨークのスタジオで、英語で答えた。

(執筆:Motoko Rich、翻訳:東方雅美)
© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。