大坂なおみのテニスが人々を魅了するワケ

目の肥えた米国のファンが絶賛

優勝トロフィーを手に日の丸を背中にまとう大坂なおみ選手(筆者撮影)
3月18日、米カリフォルニア州のインディアンウェルズ・テニス大会(BNPパリバ・オープン)の女子シングルス決勝で、大坂なおみがダリア・カサキナ(ロシア)を6─3、6─2のストレートで下し、ツアー初優勝を飾った。グランドスラムに次ぐ規模のこの大会を制したのは日本選手初の快挙だ。20歳の彼女をアメリカの観客たちはどう見たのか。
(文中敬称略)

「今ごろ彼女のエージェントは真っ青になって慌ててるだろうな。ハッハッハ! ほら、マイクをしっかり握って、少しは落ち着いて!」

フロリダから試合を観に来たラリー・シャピーロさん(筆者撮影)

決勝の試合後、大坂なおみのしどろもどろの優勝スピーチを1万6000人の観客のひとりとして聴いていたラリー・シャピーロは、そう言いながら苦笑した。

「えーと、えーと、あ、そうだ、私のスポンサーにも感謝したいです。アディダスと日清とWOWOWと、え……とヨネックス!」

バカラのクリスタル製の優勝トロフィーの横で、頭に両手をあてて、感謝を伝えるべき人達を忘れないように必死に列挙する大坂なおみ。そんな彼女を砂漠の中のスタジアムの観客たちは笑いで包んで祝福していた。「若いな。こういう晴れ舞台に全然慣れてない。まさにテニス界のニュー・ブラッド(新しい血)だな」とシャピーロはつぶやいた。

ワクワクするパワー

彼はフロリダから毎年、飛行機でカリフォルニアのこの大会を見に来るほどのテニス好きで、米国人選手、ヴィーナス・ウィリアムズの長年のファンだという。

「なおみのプレーは見ていてワクワクするパワーがある。強敵を倒して決勝まで勝ち上がったのに、疲れも見せず、動きが良かった」と褒めたたえた。

決勝の試合中、相手選手を圧倒するショットを放ち、集中力を発揮していた大坂が、表彰台ではあたふたと取り乱している。そのギャップにシャピーロは目を丸くしつつも、くぎ付けになっていた。

その時、携帯にかかってきた電話に出た彼は「今、決勝終わったところ。あのフロリダの子が勝った」と電話の相手の友人に伝えた。

次ページ大坂も錦織も「フロリダの子」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。