アラフィフ独身女性が迷う無料お金講座の罠

老後が不安なら、何から手をつけるべきか

しかし、鈴香さんは、そのFPと会う前に、私のところにご相談に来られました。ご経験がある人も多いと思いますが、勧められた金融商品について検索をし、いくつかの否定的な情報を読むうちに、だんだんと不安が募ってきたからです。

自ら、老後の不安を解消したいと行動した鈴香さんはすばらしいですが、残念ながら、「商品を買うことで解消する」という間違った方法を提案されてしまったわけです。

「老後の生活費はいくら使えるのか」を今すぐに確認する

では、正しくはまず何をすべきなのでしょうか。それは、「漠然とした不安」を解消するために、今の時点でいいので、貯蓄やこれからもらえる年金なども考えつつ、「老後の生活費は、いくら使えるのか」を自分で確認することです。

多くの人は、年金を収入の中心として不足分を貯蓄から取り崩して生活します。まだリタイアまでに時間があるので、今後、もう少し貯蓄を積み上げていくことはできますが、いったん、現時点で、老後の生活費はどのくらいが見込めるのか、確かめてみましょう。

ここで使うのは「老後設計の基本公式」です。これは、老後期間全体を通じて、「毎年平均的にいくら取り崩すことができるのか」、その金額を出すものです。つまり、年金と合わせた生活費の目安を知ることで、老後の生活をイメージするというシンプルな考え方です。とても簡単ですので、皆さんもぜひ一緒に計算してみてください。

なお、年金ですが、自分が受け取れる年金については、50歳以上の人は、「ねんきん定期便」で知ることができます。「ねんきん定期便」には、今後60歳まで現在の状況に変化がなければという前提で、受給見込み額が記されています。また50歳未満の方で、もらえる年金額がわからないという人は、以下の式で、おおよその受給額を計算できます。

厚生年金は、税金などの控除前の年収が800万円未満の場合、「ねんきん定期便の金額+60歳になるまでの年数×平均年収×0.005481」で求められます。また基礎年金は、保険料を納める期間が1年増えるごとに約2万円増え、満額は77万9300円(2018年度)です。

では、老後設計の基本公式と、式に入れる数字について説明してきましょう。

次ページ老後設計の基本公式を見ていこう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT