子供が「正しいお金持ち」になる3つの質問

「お金」とは、結局のところ何なのだろうか

お金とは何か? お金の持つ「4つの機能」とは? 子供がお金の本質がわかる「正しいお金持ち」になるよう教えてあげたい(写真:ふじよ/PIXTA)

今回は夏休み期間中でもあり、小学生や中学生の子供を持つ親御さんなどにぜひ読んでいただきたいテーマにしました。ズバリ「お金って何だろう?」というものです。読者の皆さんに合計で3つの質問をしながら、一緒に考えて行きたいと思います。

お金があっても、欲しいものが買えるわけじゃない?

実は先日、金融庁で「こども霞が関見学デー 金融庁へGO! 〜小学生のためのハッピー・マネー®教室〜」が開かれました(8月2日)。参加したのは小学校1〜3年生の子供たちです。早速、著名な投資教育家の岡本和久さん(I-O ウェルス・アドバイザーズ社長)が子供たちに問いかけます。

「お金って何だろう? どうして大切なのかな? どうやったら手に入るのかな?」

この連載の一覧はコチラ

岡本さんは、全国の小中学校で「ハッピー・マネー教室」を行うなど、子供たちへのマネー教育に精力的に取り組んでいる方でご存じの方も多いことでしょう。

子供たちが口々に答えます。

「お金があれば、なんでも欲しいものが買えるよ」
 「お金がないとモノが買えないし、暮らしていけないから大切」

すると岡本さんが、すかさずさらに質問します。 

「でも、お金を持っていても、無人島に住んでいたらどうかな?」

このさらなる質問に、子供たちは首を傾げます。確かに、無人島でお金は何の役にも立ちそうにありません。

お金って、いったいなんなのでしょう。皆さんなら、この質問にどう答えますか?

次ページ子供に「お金とは何?」と聞かれたら、どう答えるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。