「日本人のテレビ離れ」論が実は全然違うワケ

ネットに滅ぼされるものでも何でもない

いわば、日本の動画配信サービスは「地上波テレビ」という大いなる母の血を引いた子どものようなものだ。これらがテレビを脅かすというのは、そもそもありえないことなのではないか。

テレビの未来はどうなる?

今後、地上波テレビそのものの影響力が下がっていったとしても、テレビ局やそこに携わるテレビ制作者が持っている質の高い動画コンテンツを作る能力というのは変わらない。それは、これからどんな時代が待ち受けているとしても、普遍的に通用する能力であるはずなのだ。

この記事は、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』に掲載した内容の一部を加筆修正したものです(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

これから起こることは、テレビが滅びるというよりも、「テレビ」という概念がどんどん広がって薄まっていく、ということではないか。リアルタイムで見る価値のあるテレビのコンテンツは、速報性のあるニュースやスポーツ中継などである。こういった分野に関してはテレビの隆盛は当面続くだろう。

一方、ドラマやバラエティ番組に関しては、視聴環境が多様化して、タイムシフト視聴はますます一般的になっていくだろう。そして、地上波テレビというところに集中している上質な動画コンテンツを作るマンパワーが、動画配信サービスなどに薄く分散して広がっていく。

テレビは決して滅びるわけではなく、そのあり方が変わって、より広範囲に拡散していくだけだ。面白いものを見たいと思う人がいて、面白いものを作ろうと思う人がいる限り、テレビという文化はこれからも続いていくだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT