「日本人のテレビ離れ」論が実は全然違うワケ

ネットに滅ぼされるものでも何でもない

買収騒動の直後、フジテレビの『FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!』の枠内で、この事件を下敷きにした1本のドラマ『THE WAVE!』が放送された。

フジテレビの社内にテレビ局の乗っ取りを企む頭脳犯罪集団が侵入した。編成局長以下、局員たちはフジテレビを守り抜くために一丸となって立ち向かっていく――。そんな物語だった。主人公の編成局長を演じたのは明石家さんま。ほかの主要キャストもすべて芸人だった。

フジテレビプロデューサーの栗原美和子は、買収騒動でライブドアの堀江に憤りを感じてこの企画を立ち上げることにしたという。

ドラマの終盤では、危機を乗り切ったさんま演じる編成局長が、犯人に向かって長台詞で熱いメッセージを送る。その内容は「テレビ局は金で運営できるもんじゃない。いろんな人の情熱と魂が込められているからこそ、視聴者に感動や笑いを提供できるんだ」というものだった。

ホリエモンに対して、「おい、聞いてるか! そういうことなんだよ!」と私が言いたかったのだ。
このさんまさんは、本当に格好良かった。イカシテいた。何度となく彼に惚れ惚れしてきたけれど、このときのさんまさんが私にとっては最高のさんまさんだ。
栗原美和子著『テレビの企画書 新番組はどうやって生まれるか?』より

テレビとネットの関係は逆転

インターネットが普及して、GoogleやAmazonなどのネット企業が世界のトップに立っているいまとなっては、テレビ局に逆らった新興ネット企業を全国放送で「テロリスト」扱いしてしまうテレビ局員の無邪気さに、牧歌的な印象を受ける。ただ、当時はこういう試みが行われていても不思議ではないくらい、テレビとネットは縁遠いものだったのだ。

それから13年が経ち、テレビとネットの関係はがらりと変わった。ネットはいまやテレビをのみ込むような勢いで急成長を続けている。スマートフォンは人々の生活に身近なものとなり、誰もがそれを手放せなくなっている。

次ページもしフジテレビ買収が行われていたら…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT