無料のドーナツに並ぶ人は"トク"をするのか

節約のつもりで浪費する人の「残念な思考」

トクをしたつもりがかえって出費が増えていたなんて悪夢も…(写真:CORA / PIXTA)

夏は暑いほうが景気にプラスというが、おかげでずいぶん散財してしまったという人も多いだろう。季節の変わり目とともに財布の中もスカスカと涼しくなり、これはまずいと焦りがちだ。

しかし、節約のためによかれと思ってしたことが、かえって出費を増やすことになりかねない。次のうち思い当たるものがあるなら、ぜひ見直しをお勧めする。

それ、本当におトクですか?

ネット通販サイトでポイント5倍デーに買う

楽天市場やYahoo!ショッピングでは、5のつく日や5の倍数の日などに、通常より多くのポイントをつけるキャンペーンを行っている。わざわざこの日を狙って買い物している人は多いだろう。そのポイントで買い物すれば節約になると考えて。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、そこにトラップがある。この日の買い物で付与される倍増ポイントには、2種類あるからだ。

通常のポイントは、有効期間は1年間で、しかもその期間内にさらに買い物をすれば期限は実質永遠に延長される。しかし、倍増デーの買い物で獲得できるポイントの一部は、決められた期間内に使わないと消滅してしまう期間限定ポイントなのだ。せっかくポイントアップの日を狙って買い物してまで手に入れたのに、むざむざ消してしまうのはもったいないとばかりに、無理やり買い物をしてしまうという人もいるだろう。

しかし、それは「本末転倒買い」。必ずしも必要のないものを期限切れになるからと買う、それこそ浪費だ。もちろん、定期的に必ず購入するものをリスト化し、期間限定ポイントをうまく使うのならいいのだが。

次ページご丁寧に期限切れをスマホに通知してくる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。