無料のドーナツに並ぶ人は"トク"をするのか

節約のつもりで浪費する人の「残念な思考」

トクをしたつもりがかえって出費が増えていたなんて悪夢も…(写真:CORA / PIXTA)

夏は暑いほうが景気にプラスというが、おかげでずいぶん散財してしまったという人も多いだろう。季節の変わり目とともに財布の中もスカスカと涼しくなり、これはまずいと焦りがちだ。

しかし、節約のためによかれと思ってしたことが、かえって出費を増やすことになりかねない。次のうち思い当たるものがあるなら、ぜひ見直しをお勧めする。

それ、本当におトクですか?

ネット通販サイトでポイント5倍デーに買う

楽天市場やYahoo!ショッピングでは、5のつく日や5の倍数の日などに、通常より多くのポイントをつけるキャンペーンを行っている。わざわざこの日を狙って買い物している人は多いだろう。そのポイントで買い物すれば節約になると考えて。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、そこにトラップがある。この日の買い物で付与される倍増ポイントには、2種類あるからだ。

通常のポイントは、有効期間は1年間で、しかもその期間内にさらに買い物をすれば期限は実質永遠に延長される。しかし、倍増デーの買い物で獲得できるポイントの一部は、決められた期間内に使わないと消滅してしまう期間限定ポイントなのだ。せっかくポイントアップの日を狙って買い物してまで手に入れたのに、むざむざ消してしまうのはもったいないとばかりに、無理やり買い物をしてしまうという人もいるだろう。

しかし、それは「本末転倒買い」。必ずしも必要のないものを期限切れになるからと買う、それこそ浪費だ。もちろん、定期的に必ず購入するものをリスト化し、期間限定ポイントをうまく使うのならいいのだが。

次ページご丁寧に期限切れをスマホに通知してくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。