「女性が8歳年上」婚活パーティで起きた奇跡

お見合いは「条件」で判断されてしまうが…

婚活パーティから生まれたミラクル婚(写真:kyonntra/iStock)
お見合いの場合、プロフィールが先に提示されるので、どうしても条件のいい人が有利になる。そこにいくと、婚活パーティは出たとこ勝負だ。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点をあてて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、“婚活パーティで出会ったミラクル婚”を綴る。

結婚は、残りの人生を伴侶とともに歩んでいくということ。その相手をお見合いで選ぶとしたら、より条件のいい人を選びたくなるのは至極当然の心理だろう。

この連載の一覧はこちら

そして、好きという気持ちがまだ生まれていないお見合いの席では、対峙したお相手と頭に入れてきた条件を照らし合わせながら、ジャッジをしてしまう。「写真よりもかなり太っている」「コメントには明るい性格だと書かれていたのに、かなり暗い」「しっかりとした年収があるのに、お茶代を割り勘にするなんてケチだ」などなど。

「婚活は、相手を減点法で見るのではなく加点法で見ないと成功しない」とは、よく言われることなのだが、条件が先に提示されるお見合いのような出会いは、頭では加点法で見ようとわかっていても、そこがなかなか難しい。

その点では何の事前情報もなく出会う婚活パーティは、話をしたときの印象で相手を選ぶ。そこで、お見合いでは絶対にマッチングしないと思われるカップルが誕生することがあるのだ。

8歳年上の女性とマッチング

3月に、知人仲人宅で主催された婚活パーティに、会員数名を参加させた。その中の1人、自営業をしている野原知之(31歳、仮名)が、平井結子(39歳、仮名)とマッチングをした。

「マッチングしたお相手、8つも年上だけれど、大丈夫?」

お見合いでは、8歳年上の女性とマッチングするのはほぼないことなので、結果を知って、まずは知之に確認をした。

「はい、大丈夫ですよ。すごく感じのいい方だったので、マッチングしたのなら、またぜひお会いしたいと思います」

次ページ結子の仲人からも、確認の連絡が入った
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。