「恋愛経験ナシ」45歳女性が選んだ意外な相手

なぜ理想とは違う男性と結婚するのか?

1つ年下の彼を選んだ理由とは?(写真:tdub_video/iStock)
この連載は、仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく。
今回は、先日成婚を決めたばかりの45歳の女性のストーリー。恋愛をしないままに40歳を過ぎ、そこからスタートした婚活。結婚への譲れない条件がいくつもあったなか、結婚を決めた相手は理想とは違う、1つ年下の男性だった。彼を選んだ理由とは?

「ご縁って不思議なものですね。40歳を過ぎて婚活を始めたときに、結婚は恋愛と違う。結婚は生活なんだから条件は大事だと思っていたのに」

この連載の一覧はこちら

事務所に成婚退会の手続きにやって来た川嶋由美香(45歳、仮名)は、言った。由美香が選んだ相手は、1つ年下の岡村泰雄(44歳、仮名)。年収は500万円弱だったので、上場企業で役職についている由美香のほうが稼いでいた。

2人の家は車や電車で3時間近くかかる中距離恋愛。お互いが1日休みでないと会えない距離だった。

前向きにとらえるところが、気持ちを楽にさせてくれた

「新居はお互いが仕事に通える中間地点を選んだのだけれど、それでも通勤に1時間半かかるんです。彼は今お母さんと2人暮らし。お母さんも高齢だから、ゆくゆくは同居をする。そうなったら私は通勤に2時間半かかるので通いきれないから、そのときは会社を辞めようと思っています。彼に“今の仕事を辞めて転職したら、同じお給料は取れなくなるよ”と言ったら、“子どもを作るわけではなし、田舎暮らしだからなんとかなるよ”って。こういうなんでも前向きにとらえるところが、私の気持ちを楽にさせてくれるんです」

由美香は、柔和な表情で言った。半年前、私の相談所を訪れたときのどんよりとした暗い雰囲気とは、別人だった。あのときは、日々の仕事やこれまでの婚活に疲れ切っていた。

「ずっと仕事だけをしてきて、40歳から婚活を始めました。すでに2つの結婚相談所を渡り歩いて20件近いお見合いをしたけれど、理想の相手には出会えなかった。ここが3件目です。今、実家暮らしなんですが、とにかく1日も早く出たい。結婚が決まれば、大手を振って出ていけるから」

次ページ実家にいると心が休まらないのはなぜ?
関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。