「女性が8歳年上」婚活パーティで起きた奇跡

お見合いは「条件」で判断されてしまうが…

知之はこう言っていたのだが、結子の仲人からも、確認の連絡が入った。

「結子が『年下だとは思っていたけれど、8つも下だとは思わなかった。本当に私で大丈夫ですか? お断りしてもらっても構いませんよ』と言っています」

結子の仲人には、「当男性会員にも年齢差を確認したが、それを承知のうえでお付き合いしたい」と言っていることを告げ、2人は交際に入った。

初めてのデートは終電まで

初デートは、パーティから2週間後だった。

婚活の通例でいくと、交際となり連絡先を交換し、そこから1週間以内に初デートをしているカップルは、成婚までたどり着く可能性が高い。ところが初デートが、2週間、3週間先となると、出会ったときのテンションがすでに下がっているので、それから1、2度食事をして、交際終了となることが多いのだ。

知之はすぐに会いたかったようだが、週末の2人の予定がどうしても合わなかった。

「僕は、土曜日が夜遅くまで仕事で、日曜日が空いていました。彼女は、土曜日は空いていたけれど、日曜日はイチゴ狩りバスツアーに友達と行く約束をしていたんです」

しかし、その2週間、メールのやり取りは頻繁にしていたようだ。また、イチゴ狩りに出掛けた結子は、現地からその様子を写メして、おいしそうなイチゴの写真や、ランチの写真などをリアルタイムで送ってきたという。

「メールのやり取りも1日4往復、5往復していました。そんな中で、『今度僕らもイチゴ狩りに行きましょう』と、約束をしました」

マッチングした相手とうまくいくかいかないかは、こんなふうに連絡を密に取っているか取っていないか、相手の懐に入っていける会話ができているかできていないかにかかっている。

もしも2週間何の音沙汰もなく、週末が近づいてきたときに『○月×日は、どこで食事しますか』『では、銀座のどこどこで19時に』という業務連絡のようなメールをしていたとしたら、気持ちのテンションが下がったまま初めてのデートをすることになる。

そうなると、“パーティのときとは、何か違うな”と感じ、それで交際終了になることが多いのだ。

次ページ初デートは、気がついたら終電の時間になっていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。