「女性が8歳年上」婚活パーティで起きた奇跡

お見合いは「条件」で判断されてしまうが…

知之は続けた。

「家族のこと、お兄さんのこと、これまで大変な思いや悲しい出来事があったと思うのだけれど、彼女の口からは、後ろ向きな言葉を一度も聞いたことがないんです。一緒にいると元気がもらえる。僕は自営業だから、これからいいときもあれば、悪いときもあるかもしれない。でも、彼女がそばにいてくれたら、何があっても乗り越えられるような気がしたんです」

このヒアリングの内容を結子の仲人にも告げた。その後、結子の気持ちも結婚へと固まったようだった。

プロポーズは思い出が詰まった浜辺で

6月に入り、結子の両親に結婚の許しをもらうため、実家を訪れた。

「たくさんの料理とお酒が用意されていて、大歓迎してくれました。新居の話になったら、お義父さんが、“兄夫婦が家族で住んでいたマンションが、今荷物置き場になっている。荷物を整理して、そこを新居にしたらどうか”と提案してくださいました」

こうして、新居も決まった。

知之の親にはまだ結子を会わせていなかったが、この結婚には大賛成をしてくれていた。

これで結婚の形が整った。

翌週は、知人の宝石店に2人で結婚指輪を買いに行った。

「順番が逆になるけれど、結婚指輪を先にしたのは彼女の指のサイズを知るためでした。プロポーズは正式にしたかったし、そのときの婚約指輪は内緒で用意したかったんです」

7月に入り、今度は知之が実家に結子を連れて行った。この日、知之は、サプライズプロポーズを計画していた。

車で出掛けたのだが、実家に行く前に、サイズを直しに出していた結婚指輪を宝石店で受け取り、2人がそれをそれぞれの左手の薬指にはめて出向いた。

知之の実家は海がある街だった。

夕刻、海の近くに車を止め、2人で浜辺を散歩した。夕日が海をオレンジ色に染めていた。懐かしい潮のにおい。心地よく足を取られる砂浜。

「ここ、子どもの頃、よく遊んでいた浜辺なんだよ」

 そして歩みを止め、結子に言った。

「結ちゃん、結婚指輪、もう一度よく見せて」

結子が指輪を外して知之に渡した。そのとき、ポケットに忍ばせておいたダイヤの婚約指輪を取り出し、結婚指輪と婚約指輪を重ねて、それを差し出した。

「結ちゃん、僕と結婚してください」

「えっ!?」

驚く結子の瞳が、涙で潤い始めた。

「はい、これからもよろしくお願いします」

重ねた指輪を知之が結子の左手の薬指にはめると、結子は涙をこぼしながら笑顔を作った。

婚活パーティから生まれたミラクル婚。

幸せの末広がりを願って2人は8月8日に入籍をした。この日、役所の前で提出する婚姻届を仲良く2人で持つ記念写真が私のところに送られてきた。

本当におめでとう。末広がりの幸せをね!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。