「やりたい事がわからない」のは危険信号だ

「謙虚」を続けると人に振り回されやすくなる

しかし、自分に向き合う作業は意外と難しく、見たくない部分や認めたくない部分があるとなおさら困難です。そして、目をそらし続けると、ますますわかりづらくなります。

以下のようなことが、いくつか、もしくは、どれかが頻繁に起こったら、自分の気持ちと向き合えていない証拠です。

「なんだかわからないけれどイライラする」
「ささいなことで無性に腹が立つ」
「理由もなく悲しくなったり、涙が出る」
「憂鬱な気分から抜け出せない」

自分発見は、人との会話から

では、どうやって自分と向き合っていけばよいのでしょうか。

誰かと話をしていて、自分が攻撃されたり非難されているわけではないのに、イラっとしたり、腹立たしくなることはありませんか。

自分の気にしていることだったり、抱えている問題が投影されていると、そこから無意識に遠ざかろうとして、腹が立つ傾向があります。

例)友人が転職で大変だった話をしている。

「入社してまもないのに転職するなんて」と腹が立ち、非難したい気持ちになる。

自分の問題ではないので、本来なら「へぇそうなんだ」で済むのですが、そうならないのは、

・自分が今の職場に不満を持ってる
・本当は転職がしたいのに勇気が出ない
・自由な友人がうらやましい
・何事も有言実行できない自分がもどかしい

など、何らかの本心が隠れているからです。

次ページ自分に焦点を当てることが必要
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。